記事

「集団就職の苦労人」という虚構〜菅義偉新首相誕生の裏側~ - 鈴木耕

1/2

3派閥領袖記者会見の不気味

 菅義偉氏が、圧倒的な“自民党議員の支持”で、総裁の座(つまり首相の座)につくことになった。なぜか総裁選が始まる前から当選確実。実は陰でそれを取り仕切ったのが、ご高齢の二階俊博自民党幹事長(81歳)だった。

 だが、そうはさせじと麻生太郎氏(79歳)、細田博之氏(76歳)、竹下亘氏(73歳)という派閥の領袖たちが9月2日、突如3人そろって記者会見。甘い汁を二階派だけに吸わせてなるものか、というわけだ。

 あの3人の老人たちが打ち揃っての記者会見を、ぼくはたまたま見た。なんとも不気味というか痛々しいというか。菅氏支持がどんなに美味しいことなのかは知らないが、ああ、これが日本政治の実像なのか、と見ていて暗澹たる気持ちになった。ぼくも、実はあの老人たちとさほど年齢は変わらない。そのぼくが言うのだから、ほんとうに老臭が漂っているような気がしたんだ。ああ、イヤだイヤだ。

 あの日以降、菅氏の圧倒的勝利は既定事実化された。どんなに石破茂氏が訴えたところで、甘い汁は菅氏から滴っているのだから勝ち目はない。安倍晋三首相の後ろ盾を得て「禅譲」を目論んでいた岸田文雄氏は、肝心の安倍首相にあっさりと梯子を外され、見るも無残な結末。なんとも畏れ入った田舎芝居。

 しかも、この芝居はおまけ付きだった。14日の自民党総裁選では下馬評を裏切って、岸田氏が89票で石破氏の68票を上回った。

 どういうことか?

 安倍晋三氏と菅氏の「石破憎し」の裏工作だと言われている。菅氏支持の票を少し岸田氏に回し、石破氏を3位に叩き落す画策がなされていたらしい。来年の秋には総裁任期満了、そこでもう一度行われる自民党総裁選での石破の芽を、今から摘んでおこうということらしい。いやはや、そこまでするか。

菅氏「苦労人報道」とは?

 それはともかく、マスメディアはある時期から、石破氏や岸田氏には完全に興味を失った。一応は3者平等の建前で、3人同じ扱いをしてはいたが、その熱の入れようは、ほぼ7:2:1という感じ。むろん、7が誰かは分かるよね。

 その菅義偉氏についての「ゴマスリ報道」にはウンザリした。菅氏は秋田県の出身だそうだが、実はぼくも同じ秋田の出だ。だから、よけいに腹が立った。菅氏についての報道は、簡単に言えば、ざっと以下のようなものだった。

 菅義偉氏は1948年生まれ、秋田県立湯沢高校を卒業後、「集団就職」で東京に出て来て町工場で働き、やがて一念発起、法政大学の夜間部に学んだ。法大を選んだ理由は「法大の授業料がいちばん安かったから」だという。その後、苦労を重ねて議員秘書となり、横浜市議を経てやっと衆院議に議席を得た……。

 「週刊文春(9月17日号)」によれば、この「法大夜間部」というのは菅氏自身も否定しているということだが、それならそれでいい。苦労人というイメージも、そう思うのなら勝手だ。だが、ここでぼくが引っ掛かったのは「集団就職」という言葉だ。

 ん? 高卒(それも普通高校)で「集団就職」だと?

 ぼくは1945年生まれ。菅氏と同じ秋田県で、湯沢市とはわりと近い町で育った。だから、当時のぼくの周囲の状況は、菅氏と同じようなものだったはずだ。そのぼくが、どう当時の記憶をたどってみても、高卒で「集団就職」というのはピンとこない。「集団就職」とは、中卒(15歳ほど)の少年少女たちの東京など大都会の中小企業への就職を指す言葉だと理解していたからだ。

 「週刊文春」には、次のような記述があった。

「出身地の秋田から集団就職で上京し、段ボール工場での勤務などを経て、小此木彦三郎元通産相の秘書や横浜市議を経た苦労人」(産経新聞九月三日付)

 メディアを通じて広がっていく「集団就職」というエピソード。ただ、それだけではない。母校・湯沢高校のHPには、十三年七月八日に菅氏が講演した時の発言が紹介されている。「昭和23年に秋ノ宮で生まれ、湯沢高校卒業後に東京の町工場に集団就職した。働きながら(略)」

 実際に菅氏自身も、後輩たちに向けて「集団集職した」と語っているのだ。

 しかしーー。

 小学校から高校まで菅氏の同級生で元湯沢市議会議長の由利昌司氏は、こう首を傾げる。「確かに義偉君は高校を卒業して東京の段ボール工場に就職しますが、これは集団就職ではない。集団就職というのは、学校の先生に引率されて上京し、就職先を回って働き口を見つける、というもの。ところが義偉君は一人で上京している。(略)」

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  3. 3

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  4. 4

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  5. 5

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  9. 9

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  10. 10

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。