記事

日本でPCR検査が増えない原因は、厚労省と文科省の「縄張り争い」である

日本の新型コロナウイルス対応をめぐっては、「PCR検査数の少なさ」がしばしば批判される。だが日本の大学には大量の「PCR検査機」がある。なぜこれらを活用できなかったのか。ノンフィクション作家の山岡淳一郎氏が解説する――。

※本稿は、山岡淳一郎『ドキュメント 感染症利権』(ちくま新書)の一部を再編集したものです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国立国際医療研究センターの敷地内に設置された「新型コロナ検査スポット」を視察する加藤勝信厚生労働相(手前右)=2020年4月23日、東京都新宿区新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国立国際医療研究センターの敷地内に設置された「新型コロナ検査スポット」を視察する加藤勝信厚生労働相(手前右)=2020年4月23日、東京都新宿区 - 写真=時事通信フォト

一斉に批判された「PCR検査の少なさ」

緊急事態宣言解除までの新型コロナ感染症第一波の対策で、医療専門家が声をそろえて批判したのが「PCR検査の少なさ」だった。なぜ、検査数が増えず、孤立した患者が見殺しにされてしまったのか……。

国の感染症対策は、厚労省健康局結核感染症課―国立感染症研究所―国立国際医療研究センターが主軸となって行う。

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)と検疫法を所管する厚労省が全体を調整し、感染研はウイルスの遺伝情報の解析や、予防、検査、診断、治療に関する生物学的製剤の製造などを行う。

病院を併設する国際医療研究センターは患者の治療に当たり、その知見を研究にフィードバックする。

新型コロナのPCR検査は、感染研が必要な試薬や装置を組み合わせ、自家調整で確立した。感染研は、1月28日から全国に約80カ所ある傘下の地方衛生研究所にマニュアルを配り、自家調整のPCR検査の体制整備にとりかかる。

同日、政府は新型コロナ感染症を感染症法の「指定感染症」、検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定した。政府チャーター機による中国湖北省在留邦人の帰国が始まる前日のことだ。

感染研は「自家調整した検査法」にこだわった

東京五輪が頭から離れない政権中枢の動きは鈍い。国内感染が出て2週間後の1月30日、ようやく政府に「新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長・安倍首相、副本部長・加藤勝信厚労大臣、菅義偉官房長官、本部員・全国務大臣)が設置される。

この時点で「専門家会議」はまだ影も形もない。感染症の素人である政治家たちは、何を根拠に対策に当たろうとしたのだろうか。政治主導ではなく、科学主導のフェーズである。

のろのろと動きだしたPCR検査は、武漢から763人が帰国し、2月3日には乗客、乗員合わせて3711人を乗せたクルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号が横浜大黒埠頭に接岸すると、たちまち暗礁に乗り上げる。検査を行う地方衛生研究所のキャパシティーが絶対的に足りなかった。

厚労省と感染研は、検査体制を拡充しようと受託検査会社にPCR検査の実施を打診する。ここで感染研は自家調整した検査法にこだわった。

検査法を広げても事態は改善されない

「一般的に自家調整の検査というのは、承認された体外診断薬とは異なり、『事前に必要な試薬を集めて調整したり、検査の質を確認したりといった作業が必要になる』(専門家)」と日経バイオテク(「新型コロナウイルス、検査体制の拡充が後手に回った裏事情」2月28日付)は報じる。

だが、オーダーメイドに応えてくれる民間企業は少ない。

感染研は、スイスに本拠を置く巨大製薬企業ロシュ社が先に開発して大量供給をスタートさせていた研究用試薬を使っても「同等」とマニュアルを改める。つまり検査法の幅を広げたわけだが、事態は改善されない。厚労省は、文科省を通じて全国の大学病院に遺伝子検査が可能かどうかヒアリングを始める。

「ただその際は、『感染研の自家調整の遺伝子検査に必要な試薬を配布するので、遺伝子検査ができるかどうかというヒアリングで、感染研の自家調整の遺伝子検査が前提になっていた』(ある大学病院の医師)」(前掲誌)。

自家調整への執着が消えなかった。

なぜ大学病院が活用されなかったのか

では、文科省側はどうだったのか。

たとえばドイツでは、2月中旬までに全国の大学病院でPCR検査の実施体制が整っている。大学病院は民間の検査機関にその方法を伝授し、医薬資材・試薬メーカーが大量の検査キットを製造してフォローした。日本でも大学病院の多くがPCR検査機を所有し、理化学研究所なども十分な検査能力を持っている。

厚労省の感染対策とは別の部門の技官は、「文科省高等教育局医学教育課と話して、大学に号令をかけてもらえば一発でしょう。一般の研究機関にも声をかけやすいはず。文科省は、予算が削られないためにも、こういうときに力を出す、と思うのですが……。過去には垣根をこえて連携していますよ」と言う。

実際に3月中には文科省の事務方は大学の研究室ごとのPCR検査能力の聞き取りを終えていたが、厚労省幹部と加藤大臣は協力要請をしない。それどころか機器を備えた一般の大病院のPCR検査も認めなかった。

ネックは政治だった。2月16日、ようやく「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の第一回会議が開かれ、感染が疑われる人は「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」などの保健所に相談する目安が確認される。PCR検査を絞って医療崩壊を防ぐ方針が決まった。

そして、大学や研究機関の活動は止まった

安倍首相は、2月27日、突然「学校での子どもたちへの集団感染を防がなければならない」と全国一斉休校を要請した。側近の官邸官僚と決め、文科省への相談は後回しだ。

山岡淳一郎『ドキュメント 感染症利権』(ちくま新書)

蚊帳の外に置かれた萩生田光一文科大臣は驚きを隠さなかったが、教育現場に休校を強くプッシュする。厚労省が検査数を増やせず、四苦八苦していても手を出さない。年々、予算を削られていた感染研は、従来の保健所、地方衛生研究所との連係で検査データを抱え込み、失地回復を図ろうとする。

厚労側はテリトリーにしがみつき、文科側は不作為で応じる。大学や研究機関の検査能力はまったく活かされなかった。

3月下旬に東京五輪の延期が決まり、4月7日に政府による緊急事態宣言が出された後、学生の大学への通学は禁じられた。研究も必要最小限の入室以外は認められなくなる。

事実上、大学や研究機関の活動は止まり、国難を突破するための検査拡充は遠ざかったのである。

もしも日本モデルがあるとすれば、古色蒼然たる「大臣の縄ばり」だろうか。

----------
山岡 淳一郎(やまおか・じゅんいちろう)
ノンフィクション作家
1959年愛媛県生まれ。時事番組の司会、コメンテーターも務める。一般社団法人デモクラシータイムス同人。東京富士大学客員教授。
----------

(ノンフィクション作家 山岡 淳一郎)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  5. 5

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。