記事
  • ロイター

ブラジル中銀、予想通り政策金利を2.00%に据え置き ガイダンス重視の姿勢

[ブラジリア 16日 ロイター] - ブラジル中央銀行は16日、政策金利を過去最低の2.00%に据え置いた。据え置きは市場予想通り。追加利下げが金融安定にもたらし得るリスクを踏まえ、利下げではなくフォワードガイダンスによってコロナ危機で打撃を受けた景気を刺激する姿勢を強調した。

金利据え置きの決定は全会一致だった。金融政策委員会(COPOM)は声明で、インフレ率は短期的に従来予想を上回る可能性があるが、向こう2年では従来予想を若干下回る可能性があるとの見通しを示した。

中銀は前回会合まで9会合連続で利下げを実施。声明で、一段の緩和は金融市場の安定を脅かす恐れがあるとの認識を改めて示した。

しかしCOPOMは緩和サイクルの終了は示唆せず、新型コロナウイルスの世界的大流行を背景に景気回復を巡る不透明感は異例に高いほか、財政刺激策は年末に期限切れとなる公算が大きく、経済に占める割合が大きいサービス部門は弱いと指摘した。

BNPアセット・マネジメント(サンパウロ)のチーフエコノミスト、タティアナ・ピネイロ氏は「声明は予想よりもハト派的だった」とし、緩和サイクルの終わりというよりは停止を示唆したと分析した。

「結局のところ、財政の状況が改善し、インフレ率が目標を下回り続ければ、COPOMにはなお利下げの余地がある。ドアは開かれている」とした。

ロイター調査では、エコノミスト38人中37人が、政策が維持されると予想していた。

COPOMは、フォワードガイダンスに基づくと、インフレ率が中銀目標に向かって再び上昇しない限り、向こう1年、もしくは2022年に入っても政策金利が引き上げられる可能性は低いとした。

「インフレ目標達成に適切とみなされる金融刺激策を講じる一方で、必要とされる慎重さを維持するため、追加の金融政策ツールとしてフォワードガイダンスの活用が適切だと中銀は考えている」と説明した。

追加の金融刺激策の余地はあったとしても「小さい」とし、財政の軌道とインフレ率見通しに左右されるとの認識を示した。

COPOMはまた、市場に基づく金利予測と1ドル=5.30レアルの想定為替相場を用いた「ハイブリッド」予測モデルで、今年のインフレ率は約2.1%、来年は2.9%、2022年は3.3%になるとの見通しを示した。

先月は市場に基づく金利予測と1ドル=5.20レアルの想定為替相場を用いて今年のインフレ率は1.9%、来年は3.0%、22年は3.4%になるとの見通しを示していた。

20年、21年、22年の公式なインフレ目標はそれぞれ4.00%、3.75%、3.50%。22年に目標に近づくと見込んでいる。

COPOMは、政府の財政の軌道と改革路線に対するリスクが、市場における金利およびリスクプレミアムに上昇圧力をかける可能性があると改めて警告した。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

トピックス

ランキング

  1. 1

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  4. 4

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  6. 6

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  7. 7

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  8. 8

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  9. 9

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 菅首相の自助発言に賛同

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。