記事
  • 東龍

最高級品は1万3千円! ホテルのクッキー缶が人気となっている3つの理由

1/2
ホテルのクッキー缶/著者撮影

巣ごもり消費が伸びている

新型コロナウイルスの感染が収束する気配をみせず、観光や外食といった経済活動は停滞しています。しかしその一方で、自宅で過ごす時間が増え、巣ごもり消費が伸びているという状況です。

飲食店に関して様々なデータをもつ大手予約サービス「TableCheck」によれば、営業自粛中に新しく始めたサービスのトップが37.9%のテイクアウト。その次が17.4%のデリバリー、5.4%のEC(通販)と続きます。営業自粛が解除された後も、7割近くが継続して行うということです。

消費者による外食が今後も控えられることから、テイクアウトは引き続き大きな需要があることでしょう。

クッキー缶に注目

こういった状況にあって、特に注目したいテイクアウトがあります。

それは、ホテルが販売しているクッキー缶。

ホテルは新型コロナウイルスの影響で、宿泊、ウェディング、企業のイベントや宴会、レストランが不調となっており、非常に厳しい局面に立たされています。しかし、数多くの優秀な料理人や才能あるパティシエに加えて、料飲部門に特化した企画部やトレンドに通じたマーケティング部門も擁しているのです。

こういったホテリエたちが知恵を絞ったり、技術を駆使したりして、自宅で楽しめる商品を開発し、逆境を跳ね返そうとしています。

そして、販売している商品の中でも特に興味深いのが、焼菓子を詰め合わせたクッキー缶。なぜならば、有名ホテルが新しくクッキー缶を販売し、売れ行きも好調であるからです。

ホテルメイドクッキーアソート/ウェスティンホテル東京

ホテルメイドクッキーアソート@ウェスティンホテル東京/著者撮影

ウェスティンホテル東京は2020年3月1日から、エグゼクティブペストリーシェフである鈴木一夫氏による「ホテルメイドクッキーアソート」の販売を始めました。

9種類のクッキーによるアソートで、黒ネコや白ネコ、サカナやクマを象った可愛らしいデザインのクッキーが非常に印象的です。

ホテルメイドクッキーアソート

  • ココナッツ
  • ピスタチオ
  • 黒ネコ
  • 白ネコ
  • バニラクッキー
  • キャレショコラ
  • チョコチップクッキー
  • ミニクッキー

「ピスタチオ」はピスタチオ入りの生地に、砂糖が側面にまぶされているのがよいアクセントになっています。「黒ネコ」と「白ネコ」は共に猫の姿をしており、前者はココア生地で後者はオリジナルサブレ生地。

「キャレショコラ」はココア生地にカカオニブが散らされていて、本格的なカカオ風味を楽しめます。「ミニクッキー」は魚の形や熊の顔を模しており、食べるのが可哀想に思うくらいです。

完全にホテルでつくっている

「ホテルメイドクッキーアソート」は、手土産の需要が高まっていることから開発されたといいます。

「一昔前ホテルに行けば、缶に入ったホテルメイドのクッキーが売られていた。昔ながらの懐かしいホテルのクッキーをイメージしながら、モダンにアレンジした新しいクッキーに仕上げている」と鈴木氏は説明します。

詰め合わせ内容はどのようなことを考えて決められたのでしょうか。

「誰でも召し上がれるように、シンプルで飽きない味わいにし、様々な風味を取り揃えた。目一杯ぎっしりと詰めて壊れることがないようにするため、時間をかけて形や組み合わせを試した」というこだわりよう。

特に力を入れたのは、全てがホテル内でつくられていること。ペストリーキッチンで全工程を丁寧に時間をかけて手作業しているので、まぎれもない完全なホテルメイドです。「蓋を開けた瞬間にバターや卵がよく香るのは、手作りならでは」と鈴木氏が説明する通り、蓋を開けると心地よい香りが広がります。

「非常に人気が高いが、手仕事でつくっているので、少量ずつしか生産できない」と述べますが、この稀少性や完全ホテルメイドが、広く支持されている所以でしょう。

プティフールセック缶/パレスホテル東京

プティフールセック缶@パレスホテル東京/著者撮影

パレスホテル東京の「プティフールセック缶」は2020年6月27日から販売されています。

ペストリーシェフ窪田修己氏による11種類の焼菓子が詰め合わせになっており、この缶でしか味わえないフレーバーもあります。

プティフールセック缶

  • サブレ キャラメル サレ
  • サブレ カネル アナナス
  • サブレ サケ(酒)
  • サブレ ショコラ
  • サブレ ベルガモット
  • ジャンドゥージャ
  • サブレ フレーズ
  • セサミ スティック
  • フロランタン
  • 抹茶クッキー
  • ポルポロン

「サブレ カネル アナナス」はパイナップルジャムを挟んだ懐かしい味わいで、「サブレ サケ」は日本酒がふんわりと穏やかに香ります。「セサミ スティック」はゴマとハチミツ、バターのバランスがよいです。

「ジャンドゥージャ」はサクリとしたコルネに香ばしいジャンドゥージャクリームが詰め込まれており、「抹茶クッキー」はホワイトチョコレートの優しい甘味と抹茶のほろ苦さがよいコントラスト。

カスタマイズ性もある

「プティフールセック缶」を開発した理由を訊くと、窪田氏は「様々な流行が再来しており、今はクッキー缶がブーム。おいしさと共に形としても思い出に残る商品をつくりたいと考えた」と答えます。

エコロジーの観点からリサイクルできる缶を選び、大切な物をしまいたくなるような、愛らしいデザインにしたということです。

「見た目の彩りや華やかさはもちろん、味のバランスも考慮した。長年愛されてきた6種類に、新たに考案した5種類という構成。パレスホテル東京らしく、和三盆や日本酒など和の素材も使用されているので、和洋折衷の妙味を体験していただきたい」と自信をもちます。

クッキーにパイナップルジャムを挟んだり、軽い食感のサブレに塩キャラメルをコーティングしたりと、懐かしい焼菓子をモダンに仕上げているので、新しい食味に出会えることでしょう。

「オンラインショップでも購入でき、贈り物や自身へのご褒美として、たくさんのご注文をいただいている」と売上は好調であるといいます。

名前やメッセージをアイシングしたクッキーもオプションで入れられ、文字色やベースの柄も選べるなど、カスタマイズ性が高いのも好評の理由です。

あわせて読みたい

「お菓子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    期限迫る国勢調査 前回下回るか

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    万年野党の方が楽? 新立民に呆れ

    諌山裕

  3. 3

    舛添氏「気の緩み」に医師が反論

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    よくバレなかったな 瀬戸の本性

    NEWSポストセブン

  6. 6

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  7. 7

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  8. 8

    国民の思考停止を招いた安倍政権

    内田樹

  9. 9

    日本の携帯料金は本当に高いのか

    永江一石

  10. 10

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。