記事

《オスカー退社》“干され女優”福田沙紀はなぜジャニーズの逆鱗に触れてしまったのか? - 「文春オンライン」特集班

1/2

「ジュリー(藤島景子)さんは『うちの櫻井(翔・38)主演の映画で何をやってくれているの!』と大激怒していました。この頃、嵐は松本潤さん(37)が『花より団子』(TBS系)でブレイクし、同作のシーズン2も大人気となり、それぞれの主題歌『WISH』と『Love so sweet』が大ヒット。嵐はまだ紅白歌合戦に出場する前で、テレビでは冠番組の『VS嵐』(フジテレビ系)がスタートしたばかりでした。

【画像】ジュリー氏が激怒したという櫻井翔との共演作

 時代としては、木村拓哉(47)が『an・an』の『好きな男ランキング』で15年連続1位を獲るなど、“国民的アイドル”といえばSMAPだった。嵐はまだその足もとにも及ばなかった。テレビ業界では“(SMAPのチーフマネジャーだった)飯島三智さんの時代”が続いていた。創業家の跡継ぎでありながらヒットに恵まれていなかったジュリーさんは一矢報いるために、嵐に力を入れていた。

 2007~2008年というのはそんな時期でした。そんなときに、“あの子”はジュリーさんの逆鱗に触れてしまったのです」(ジャニーズ関係者)

 ここで言われている“あの子”というのは、去る8月31日、オスカープロモーションからの退社を公表した女優・福田沙紀(29)のことである。


「櫻の園」に主演した時、福田沙紀はまだ18歳だった。左は共演の杏 ©時事通信社

16年在籍したオスカーを退社

 福田は今回のオスカー退社にあたり、自身のインスタグラムにこう綴った。

〈この度、2004年からお世話になりました株式会社オスカープロモーションを退社致します。2004年のデビューから様々な経験をさせて頂き沢山の事を学ばせていただきました。古賀会長をはじめとするオスカープロモーションの事務所の皆様には本当に感謝しかありません。本当にありがとうございました。そして、いつも応援してくださる皆様へ改めて感謝を申し上げます。これからもお芝居に、真っ直ぐに。引き続き、精進して参りたいと思いますので応援よろしくお願い致します〉

 福田といえば、デビューと同時に様々な作品に出演し、事務所の猛プッシュという追い風を背中に受け、将来を嘱望される“オスカー期待の星”だった。

「福田さんは2004年、オスカーの社をあげたオーディションである『第10回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞。同年に放送されたテレビドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)では生徒の麻田玲子役として女優デビューを果たしました。

 2005年には、同じ事務所の上戸彩さん(35)が主演したドラマ『アタックNo.1』(テレビ朝日系)の主題歌『アタックNo.1 2005』を歌い、CDデビューもしています。2007年のドラマ『ライフ』(フジテレビ系)では、ヒロインをいじめる安西愛海役が見事にハマった。残酷ないじめっ子を演じた福田さんは、才能ある若手女優として注目を浴びました」(テレビ局関係者)

“事務所総出”でのゴリ押し映画でつまずいた

 事務所の期待にこたえ、スターへの階段を順調に駆け上がっていった福田。バラエティでも「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)に出演し、明るく元気なおバカキャラで人気を博した。だが、デビュー4年目、まだ18歳だった2008年に主演を務めた映画「櫻の園」で、自身も作品も大クラッシュしてしまった。

「『櫻の園』は、当時のオスカー社長だった古賀誠一氏(現会長)自らが『制作総指揮』のポジションに座り、オスカーが全社をあげて制作した作品です。とにかく力の入った作品だった。出演女優も、武井咲(26)や特別出演枠で米倉涼子(45)、菊川怜(42)、上戸彩など、事務所のカンバン女優がずらずらと名を連ねた。まさに“事務所総出”でのゴリ押しでした。

 しかし、興行収入は公開から28日間の速報でわずか3900万円ほどと、空前の大コケ作品となってしまった。150館規模で公開をしてしまったので、各映画館のフィルム代も賄えないくらいの大赤字になりました。映画館の中には、オープン以来最低の数字だったという映画館もありました。それによって福田さんは業界的に“大コケ女優”の烙印を押されてしまったのです」(映画業界関係者)

 その後、福田の活躍は見る見る減っていき、ついには“干され女優”とも呼ばれるようになる。制作陣からお声がかからなくなった理由は、身勝手過ぎる福田の性格にもあったようだ。映画関係者が明かす。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  2. 2

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  3. 3

    「半沢直樹」描かれる銀行の今昔

    大関暁夫

  4. 4

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  5. 5

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    深夜の出迎えに河野氏「ヤメレ」

    女性自身

  7. 7

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  9. 9

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。