記事

YouTubeがTikTok風ショート動画機能を発表、撤退したインドからスタート

1/2
2018年1月26日、ニューヨーク・シティのIndustriaで行われたイベント、YouTube brings the BOOM BAP BACK to New York Cityにリオ・コーエン、Nas、グランドマスター・フラッシュ、Qティップ、チャックD、Fab 5 Freddyとともに参加したシーロー・グリーン。(Photo by Brian Ach/Getty Images)

大手動画配信サービスのYouTubeがショート動画機能を公開。TikTokが撤退したばかりのインドからサービスをスタートさせる。

『スター・ウォーズ』のクローンの攻撃が現実になった。YouTubeは「YouTube Shorts」というショート動画機能を携え、ますます競争が熾烈になるショート動画エコシステムに参入することを発表した。「YouTube Shorts」は、15秒の短い動画を編集・投稿できるサービスだ。TikTokに対抗する類似機能を通じ、どうやらYouTubeはTikTokが数年にわたって支配してきた市場に参入しようとしている。今後数日にわたってインドでベータ版の「YouTube Shorts」を開始する。偶然にも、インドでは今年の夏にTikTokがすでに禁止されたエリアだ。今回の発表は、InstagramがTikTokのライバルとなる「Reels」を発表したわずか数週間後の出来事である。

YouTubeが14日に公式ブログに投稿した文書が指摘するように、ショート動画という形式はYouTubeにとってまったく新しいものではない。「Charlie Bit My Finger(チャーリーに指を噛まれた)」や「Good Morning Yall(みんな、おはよー)」といったバイラル動画の多くは、一般的にYouTubeのイメージが強い。それに、YouTubeが初めて投稿した動画「Meet Me in the Zoo(動物園にて)」は18秒だった。とはいっても、バイラル動画よりも長い音楽やVlog(動画ブログ)は、YouTubeのいたるところにある。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  6. 6

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。