記事

YouTubeがTikTok風ショート動画機能を発表、撤退したインドからスタート

1/2
2018年1月26日、ニューヨーク・シティのIndustriaで行われたイベント、YouTube brings the BOOM BAP BACK to New York Cityにリオ・コーエン、Nas、グランドマスター・フラッシュ、Qティップ、チャックD、Fab 5 Freddyとともに参加したシーロー・グリーン。(Photo by Brian Ach/Getty Images)

大手動画配信サービスのYouTubeがショート動画機能を公開。TikTokが撤退したばかりのインドからサービスをスタートさせる。

『スター・ウォーズ』のクローンの攻撃が現実になった。YouTubeは「YouTube Shorts」というショート動画機能を携え、ますます競争が熾烈になるショート動画エコシステムに参入することを発表した。「YouTube Shorts」は、15秒の短い動画を編集・投稿できるサービスだ。TikTokに対抗する類似機能を通じ、どうやらYouTubeはTikTokが数年にわたって支配してきた市場に参入しようとしている。今後数日にわたってインドでベータ版の「YouTube Shorts」を開始する。偶然にも、インドでは今年の夏にTikTokがすでに禁止されたエリアだ。今回の発表は、InstagramがTikTokのライバルとなる「Reels」を発表したわずか数週間後の出来事である。

YouTubeが14日に公式ブログに投稿した文書が指摘するように、ショート動画という形式はYouTubeにとってまったく新しいものではない。「Charlie Bit My Finger(チャーリーに指を噛まれた)」や「Good Morning Yall(みんな、おはよー)」といったバイラル動画の多くは、一般的にYouTubeのイメージが強い。それに、YouTubeが初めて投稿した動画「Meet Me in the Zoo(動物園にて)」は18秒だった。とはいっても、バイラル動画よりも長い音楽やVlog(動画ブログ)は、YouTubeのいたるところにある。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  5. 5

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  6. 6

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  7. 7

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  8. 8

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  9. 9

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。