記事
  • ロイター
  • 2020年09月16日 19:05 (配信日時 09月16日 18:56)

OECD、今年の世界成長予想を-4.5%に上方修正 米中がけん引


[パリ 16日 ロイター] - 経済協力開発機構(OCED)は16日、2020年の世界経済の成長率見通しをマイナス4.5%に上方修正した。中国と米国の回復が堅調で、世界経済は新型コロナウイルスの感染拡大による影響から予想よりも早期に脱却できる見通し。

2021年の成長率見通しはプラス5%に下方修正した。

6月時点では2020年がマイナス6.0%、2021年がプラス5.2%としていた。

ただ、新型コロナの感染拡大が一段と深刻化したり、より厳格な感染抑制策が取られた場合、2021年の成長率は2─3%ポイント低下する可能性もあるとしている。

この予想は、コロナの感染拡大が局地的なものにとどまり、抑制策も地域を限定したものになることが前提。ワクチンは来年後半まで容易に入手できないとの想定に立っている。

各国政府や中銀による景気支援策により最悪の事態は回避できたが、各地で新型コロナの感染拡大は継続しているため、支援策はしばらく維持すべき、とした。

欧米や中国経済回復が想定よりも堅調な一方で、インドやメキシコ、南アフリカは新型コロナの封じ込めに苦戦するなど、地域間で大きな格差がみられる。

新型コロナの発生源とされる中国の2020年の成長率見通しはプラス1.8%と、6月時点のマイナス2.6%から上方修正、20カ国・地域(G20)で唯一プラス成長となる見込み。

米国経済の成長率予想はマイナス3.8%。依然としてマイナス成長ではあるものの、6月時点のマイナス7.3%からは大幅に改善している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  7. 7

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。