記事
  • ロイター
  • 2020年09月16日 18:05 (配信日時 09月16日 17:57)

温室効果ガス、実質ゼロには年1ー2兆ドルの追加投資必要=報告書


[ロンドン 16日 ロイター] - 世界の企業・金融機関で構成する「エネルギー移行委員会(ETC)」は16日、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするためには、追加で毎年1ー2兆ドルの投資が必要になるとの報告書をまとめた。

これは世界の域内総生産(GDP)の1-1.5%に相当する。

地球温暖化を今世紀に摂氏1.5度に抑えるためには、温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする必要があり、これを達成できれば、先進国・途上国の2050年の生活水準の低下は世界のGDPの0.5%未満になるという。

ETCはエネルギー会社、メーカー、金融機関など40社で構成。アルセロールミタル<MT.LU>、HSBC[HSBCUK.UL]、BP<BP.L>、シェル<RDSa.L>、エルステッド<ORSTED.CO>、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>などが参加している。

ETCは2050年までのカーボンフリー経済の実現を目指している。

報告書によると、エネルギー効率の劇的な改善が必要になると指摘。風力・ソーラー発電容量の年間増強ペースを2019年の5-6倍にする必要があるほか、世界の年間電力供給量を4-5倍の9万ー11万5000テラワット時にする必要があるという。

また、ビル・輸送・工業分野で電化を進める必要があり、電化が不可能な場合は水素を利用するべきだとしている。その他のエネルギーを利用する場合は、二酸化炭素の回収・貯留や持続可能なバイオエネルギーを通じて、脱炭素化を進めることが必要になるという。

ETCのアデア・ターナー共同議長は「ゼロ炭素経済が技術的・経済的に実現可能であることは間違いない。2050年までに実現する必要がある。継続される排出分を相殺する『オフセット』を恒久的かつ大規模に利用するのではなく、本当にゼロにする必要がある」と述べた。

中国には、2050年までに豊かで高度なゼロ炭素経済を実現するリソースと技術があるという。すべての途上国も、遅くとも2060年までに実質ゼロを実現することが可能だが、民間のグリーン投資家を誘致する開発投資が必要になるという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。