記事
  • ロイター

「ザラ」のインディテックス、5─7月は黒字転換 店舗販売が上向く


[マドリード 16日 ロイター] - 「ザラ」などのブランドを傘下に擁するスペインのアパレル大手インディテックス<ITX.MC>は、第2・四半期(5-7月)の業績が黒字に転換したことを明らかにした。

ただ、新型コロナウイルスの流行を背景に都市部の店舗で客足が鈍り、売上高は31%減少した。同社は「マッシモ・ドゥッティ」「ベルシュカ」などのブランドも傘下に収めている。

同社は、店舗の98%が営業を再開し、緩やかに正常化に近づいていると表明。オンライン販売が急増しているほか、店舗の販売も上向いているという。

8月1日ー9月6日の店舗・オンライン販売は、為替変動の影響を除くベースで改善傾向が見られた。ただ、前年同期の水準は依然として11%下回った。

第2・四半期の純利益は2億1400万ユーロ(2億5300万ドル)。リフィニティブのスマートエスティメートの予想は9600万ユーロだった。上期のオンライン販売は74%増加した。

16日午前のインディテックスの株価は5%上昇。スウェーデンの同業H&M<HMb.ST>も、四半期決算の利益が予想を上回った。

JPモルガンの推計によると、大陸欧州の7月の衣料販売は平均で15%減と、5月の42%減から減少ペースが鈍化している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。