記事

新型「フェアレディZ」は新生日産の象徴モデルになれるか

日産は16日、新型「フェアレディZ」のプロトタイプをオンラインで世界に初公開しました。プロトタイプの時点でこれほど大々的に披露イベントを開催するのは、例のないことです。日産はなぜ、プロトタイプの世界公開に踏み切ったのでしょうか。

※「フェアレディZ」のプロトタイプ

「ピュアスポーツカーのZは、日産のスピリットそのものです。伝統に忠実に、Zの期待に応えたい」。オンラインイベントの冒頭、日産社長の内田誠氏は、白Tシャツ、ジャケット姿でニッサンパビリオンに登壇し、そのように述べました。

日産が異例のプロトタイプの世界公開に踏み切ったのは、「フェアレディZ」の次世代モデルが、新生日産を象徴するモデルの一台だからです。

社長の内田氏は、5月28日に行われた事業構造改革計画「NISSAN NEXT」の中で、今後18か月の間で12車種の新型モデルを投入すると発表しました。新型「フェアレディZ」はそのうちの一台であり、日産復活のカギを握っているんですね。

「プロトタイプの時点でお見せするのは、極めて異例です」と、チーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏はオンライン披露イベントで述べました。

プロトタイプとは、商品化を前提とした試作車を指します。プロトタイプでテストを繰り返したのち、量産モデルへと移行するんですね。

「自信のないものは見せられない。納得できる形ができるまで、世の中に見せちゃダメという気合いがありました」と、田村氏は語りました。

異例のプロトタイプのイベント開催は、日産の復活に向けての自信のあらわれと見るべきなのか、あるいは新型車の不足に苦しむがゆえの苦肉の策と見るべきなのか。

内田氏は、自身も「Zの大ファン」であると明かし、「93年にガンメタのマニュアル車を買った」というエピソードを披露しました。

イベントでお披露目されたプロトタイプは、2ドアの6速マニュアル車です。「体がクルマとつながる感じを体感してもらえると思います」と、田村氏は語りました。

新型「フェアレディZ」は新生日産の象徴になれるかどうか。事業構造改革計画「NISSAN NEXT」の中でも、重要なモデルと位置づけられているだけに、期待がかかっています。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。