記事

「ドコモ口座」メガバンクでも「預金不正引き出し」 - 「週刊文春」編集部

 NTTドコモが運営する電子マネー決済サービス「ドコモ口座」からの不正な預金引き出しが相次いでいる問題。今回の件で被害が発生した銀行は主に地方銀行で、メガバンクでの被害は報告されていないが、過去にみずほ銀行でドコモ口座を利用した不正引き出しがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

【画像】ドコモ口座問題について行われた9月10日の謝罪会見

みずほ銀行 ©共同通信社

 ドコモ関係者が明かす。

「2019年5月に、りそな銀行の口座からドコモ口座に不正な入金が確認されたことがすでに明らかになっていますが、実は19年5月以前に、みずほ銀行の口座からもドコモ口座に預金が不正に引き出された案件があります」

 みずほ銀行はその後、ドコモに対して、本人確認の徹底などを求める一方、自行のセキュリティシステムを一層強化することで不正利用の防止に力を注いだ。

 ところが、ドコモが2019年9月下旬に踏み切ったのは、「セキュリティ強化とは逆行する形」(同前)のキャリアフリー化。すなわち、非ドコモユーザーでも、ドコモ口座のサービスを利用できることになったのだ。結果として、非ドコモユーザーの口座からの不正引き出しが相次ぎ、メガバンクと比べてセキュリティの甘い地銀の口座を中心に被害総額は2500万円を超えている(9月14日現在)。

 みずほ銀行は以下のように回答した。

「(19年5月以前の不正利用を含めて)個別の取引については、事実の認否を含めて回答を差し控えさせていただきます。『ドコモ口座』のサービスにおいて、銀行口座とドコモ口座の名義が一致していなくても使えるなど、セキュリティ上の問題があるとの認識から、名義の一致確認に取り組むため、ドコモの都合により 2019年3月以降はドコモ口座との新規口座登録を停止しておりました。ドコモにおける名義の一致項目に目途がついたことなどを踏まえ、ドコモと協議を重ねたうえで 2019年9月に新規口座登録を再開しております」

 一方、NTTドコモは以下のように回答した。

「個社の内容になりますので(回答は)差し控えさせて頂きます」

 メガバンクでも発覚したドコモ口座を巡る預金の不正引き出し。被害はどこまで拡大するのか。今後のドコモの対応が注目される。

 9月17日(木)発売の「週刊文春」では、相次ぐ預金不正引き出しを招いたドコモの「お役所体質」や、謝罪会見に現れない吉澤和弘社長との一問一答などを詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年9月24日号)

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  4. 4

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  5. 5

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  6. 6

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  7. 7

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  10. 10

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。