記事
  • ロイター

大西洋でハリケーン多発、英語名出尽くしでギリシャ語に切り替えも


[ジュネーブ 16日 ロイター] - 大西洋では今年、あまりにも多くのハリケーンが発生しているため、11月30日にハリケーンシーズンが終了するのを待たずに世界気象機関(WMO)が用意した21の英語名が最後の「Wilfred(ウィルフレッド)」まで使い尽くされる可能性がある。

その場合は「アルファ」「ベータ」「ガンマ」といったギリシャ文字のアルファベットに切り替えることになるが、そうなれば史上2回目だという。

現在、活動が観測されているのはハリケーン「ポーレット(Paulette)」と「サリー(Sally)」、ならびに熱帯低気圧の「テディ(Teddy)」と「ビッキー(Vicky)」。さらに、西アフリカ沖合の低気圧がサイクロンに発達する可能性があり、「ウィルフレッド」と命名されるとみられる。

米海洋大気庁は今シーズンのハリケーン発生数を過去最多の25回と予想。海面温度の上昇と低層の「ウインドシア」(風向きや風速が急に変わる現象)が原因だとしている。

14日時点で大西洋で発生している5つのサイクロンについて注意報が出ており、そのうち「ルネ(Rene)」は現在までに消えたが、アルファベットの「R」で始まる名前が既に使われたことになる。WMOによると、「X」「Y」「Z」で始まる名前は適切なものがなかったため、用意されなかった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。