記事

意外と冷めた株高バブル

世界的な株高バブルが続いている。 おもしろいのは、熱狂的なバブル買いではなく、案外と冷めたバブル買いであるという点だ。

コロナ禍を受けて、先進国中心にものすごい量の資金がバラ撒かれている。 その一部が投機化して株高バブルを押し上げている。

ゼロ金利と大量の資金供給がしばらく続くのは確実で、このバブル株高は崩れようがないといった安心感があるようだ。

それもあってか、熱狂的なバブル買いの様相は見られず、むしろ静かに買いが続いているといった感じである。

とはいえ、値動きの軽い一部の株に集中した投機買いが続いているのは事実。 静かとはいえ、バブルはバブルだ。

なにかの加減で下げに転じたら、すさまじい売りのラッシュとなるのは、いつのバブル崩壊でも同じこと。

いつ、下げが始まるのか? それは、神のみぞ知るのところで、予測もつかない。

ひとつ、あえて言えば、バブル買いが続いていても、上昇の勢いが鈍ってきたら、そろそろかなとなる。

買っても買っても、それほど上がらなくなる。 ということは、売りがそれなりに出てきているわけだ。

そのせめぎ合いが続く間に、買いのエネルギーが勝って、株価は一気に噴き上げとなることもある。

あるいは、売りの圧力が強まっていって、どさっと下げに転じることにも。 それが、バブル崩壊だ。

ともあれ、静かなバブル高が続いているということは、転機が近いともいえよう。

われわれ長期投資家からすると、一刻も早くバブルは吹っ飛んでくれた方がいい。

その方が、世界経済の現状に即した株価形成となり、まともな投資活動がしやすくなる。

あわせて読みたい

「株式相場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  5. 5

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  6. 6

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  9. 9

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  10. 10

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。