記事
  • SmartFLASH

伊勢谷友介の出演作、そのまま公開…「作品に罪なし」の声続々

《【お知らせ】本作出演の伊勢谷友介氏の逮捕・送検を受け、製作委員会で協議を重ねた結果、再撮影・再編集は行わず、予定通り10月30日(金)に公開することといたしました。引き続き応援頂けますと幸いです。》

 9月16日、冒頭の投稿がなされたのは、映画『とんかつDJアゲ太郎』の公式ツイッターアカウントだ。

 9月8日に大麻取締法違反(所持)で逮捕された伊勢谷友介容疑者は、同作に主人公の師匠「DJオイリー」役で出演。公開が差し迫った作品に、重要な役どころで出演していただけに、再撮影や再編集、ひいてはその賠償金のゆくえにも注目が集まっていた。

 この投稿に対し、前向きなコメントが続々と寄せられた。

「素晴らしい判断です。作品に罪はありません」

「賢明な判断だと思います。今までの対応がおかしかったと思います」

「いろいろな意見があった中での決断が嬉しい結果で良かったです。何にせよ、大ヒットすることを願います」

 近年の薬物をめぐる、俳優の出演作については、そのまま公開または代役起用の再収録と、処遇が大きく分かれてきた。たとえば2019年3月12日に麻薬取締法違反(コカイン使用)の疑いで逮捕されたピエール瀧については、年内の出演作が以下のような対応がなされた。

●そのまま公開:映画『麻雀放浪記2020』、映画『引っ越し大名!』、映画『宮本から君へ』

●代役による再収録:ディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』(オラフ役の日本語吹き替え版声優)、映画『居眠り磐音』

 今回の伊勢谷容疑者については『とんかつDJアゲ太郎』のほかにも、映画『十二単を着た悪魔』(11月6日公開予定)、映画『るろうに剣心 最終章 The Final』&『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(2021年ゴールデンウィーク公開予定)と、人気・予算ともに規模の大きな作品が控えていた。

 さらに、逮捕直前の9月5日には、出演していたドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の最終回が放送され 、9月6日には来年公開予定の吉永小百合主演映画『いのちの停車場』に参加するなど、名実ともに “売れっ子” だった伊勢谷容疑者。

「ピエール瀧さんの場合、すべての音楽配信も止まり、賠償金は5億円を超えるとも言われていました。俳優として脂がのりきっていた伊勢谷容疑者については、大手スポンサーとの広告契約こそありませんでしたが、『作品だけでいうと “芸能界最高額” になる』と注目されていました」(広告代理店関係者)

 そんななか、『いのちの停車場』の配給元である東映が9月11日に、撮影を終えていた伊勢谷容疑者の出演場面を含め、ノーカットで同作を完成させると発表。同社の手塚治社長は、こう理由を説明した。

「映画は、有料で鑑賞しようという意図のお客さまにおいでいただく、クローズドなメディア。テレビやCMなどとは、少し違うと考えております。『作品と個人とは、別のものである』という見解のもと、今回は作品を守る判断をさせていただきました」

 個人の罪を憎んで “作品” を憎まず。『るろうに剣心』2作など伊勢谷容疑者のほかの出演作をはじめ、今後の動向にますます注目が集まる。

あわせて読みたい

「伊勢谷友介」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  3. 3

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  5. 5

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  8. 8

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  9. 9

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  10. 10

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。