記事
  • ロイター

訂正:ドイツ、コロナワクチン開発加速へ国内2社に7.45億ドル補助


[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ政府は15日、新型コロナウイルスワクチンの開発加速と国内生産能力拡大に向け、バイオ医薬品会社のビオンテックとキュアバックに総額7億4500万ドル(訂正)の補助金を支給すると発表した。

カーリチェク研究相は、ワクチンが国民に幅広く受け入れられるよう安全性を最優先する必要性を強調。「世界中でワクチンが待望される中でも、リスクを冒すような近道はしない」と述べた。

その上で、ワクチンが広く行き渡るのは2021年半ば以降になるとの見方を示した。

政府が7月に発表した制度に申請したビオンテックとキュアバックは、それぞれ3億7500万ユーロ(4億4500万ドル)と2億5200万ユーロの補助金を受け取る。両社はともに、「メッセンジャーRNA(mRNA)」を使用したワクチンの開発を手掛ける。

研究省によると、ワクチン製造受託会社で独自のウイルスベクターワクチンの開発に取り組んでいるIDTビオロギカからも申請があったが、同社への支給についてはなお検討中という。

シュパーン保健相は、幅広い種類のワクチンを確保することが重要だと強調し、独政府として人口を超える規模のワクチン候補の供給を事前に確保することを目指すと表明。英アストラゼネカとの間では、欧州連合(EU)全体で4億5000万回分の供給を受ける合意の一環として、ドイツは5400万回分を確保していると述べた。

同相はまた、ワクチンの公平な調達・分配を目的とした世界保健機関(WHO)主導の枠組み「COVAX」に資金拠出するかどうかは週内に決定するとした。同枠組みへの参加は18日が期限となっている。

*見出しと本文第1段落の金額単位を「ユーロ」から「ドル」に訂正し、カテゴリーを修正します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  5. 5

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  6. 6

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  7. 7

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  10. 10

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。