記事

予算委員会で更なるコロナ対策の議論を

衆議院予算委員会理事懇談会を開催し、今日決定された新型コロナ対策としての1.6兆円の予備費使用について、政府から報告を受け質疑を行いました。

この予備費使用は、主に秋冬の流行期に向けて、来年3月末までを視野に医療提供体制を強化するためのものです。しかし問題点があります。

一点は、3月末までを念頭に医療提供体制強化をするには予算額が少な過ぎる。第二に、PCR等の検査体制の強化の予算が全く含まれていない。第三に、コロナを心配して病院を訪れる患者さんが少なくなって経営難に直面するクリニック、病院に対する支援が全く含まれていない。

どれも、これまでも私たち野党から予算委員会などで指摘し続けてきたことです。相変わらず後手後手の政府のコロナ対応。

さらに強く指摘していかなければなりません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  3. 3

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  5. 5

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  6. 6

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  7. 7

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    ドコモに感じた「先駆者」の矜持

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。