記事
  • ロイター

米司法省、ボルトン氏の著作巡り捜査着手=WSJ


[ワシントン 15日 ロイター] - 米司法省は、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が出版した政権の内幕本を巡り、機密情報の扱いに問題がなかったか犯罪捜査に着手した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が15日、報じた。

WSJによると、連邦検察は14日、ボルトン氏の出版エージェントと、同氏の著作を出版した出版社サイモン・アンド・シュスターに対し、大陪審召喚状を送付した。ボルトン氏との全てのやりとりの提出を求めているという。ボルトン氏自身は召喚状を受け取っていないと報じている。

ボルトン氏の弁護士からコメントは得られていない。司法省報道官のほか、サイモン・アンド・シュスターもコメントを控えている。

政府は6月、ボルトン氏の著作について、機密情報が含まれているため出版されれば国家安全保障を危険にさらすとして、出版差し止めを求めて訴訟を起こした。だが、首都ワシントンの連邦地裁は出版差し止めを認めない判決を下した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  3. 3

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  4. 4

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  6. 6

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  9. 9

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。