記事

菅内閣が発足へ=目の当たりにした危機管理能力

菅義偉官房長官が16日の衆参両院の本会議で内閣総理大臣に指名されます。

菅さんは第二次安倍内閣の発足以来7年8ヵ月にわたって官房長官を務めてこられました。

私が防災政務官だった時、菅長官の仕事ぶりを近くで見て、危機管理能力の高さを実感することが多々ありました。

2018年6月18日の朝8時前、大阪府北部地震が発生しました。

その時、私はほとんど身支度が終わっていたので、第一報から15分くらいで総理大臣官邸地下の危機管理センターに駆け付けることができました。

まだ防災大臣も副大臣も入っておらず、自分が一番乗りかと思ったら、実は菅長官が職員への指示を終えた後でした。

こうした経験はその時だけではありません。

衆議院の宿舎の方が参議院宿舎より官邸に近いということを差し引いても、菅さんの初動の早さは圧巻でした。

私は防災の担当でしたが、官房長官は防衛・安全保障も含めた危機管理に当たっています。

北朝鮮がミサイルをたびたび発射していた頃、「菅長官の初動が早いのは日本政府がミサイル発射の兆候を掴んでいるからだ」と囁かれていましたが、仮にそうでなかったとしても菅さんは危機管理意識を常に高く持っていたのだと思います。

しかも7年8ヵ月という長きにわたって。

新型コロナウイルスの感染拡大、度重なる災害、尖閣諸島周辺の領海侵入ーー。

今ほど政府の危機管理能力が問われている時はないと思います。

安倍晋三総理大臣の突然の降板でも、菅新総理は隙のない対応をしてくださると思います。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  3. 3

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  5. 5

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  6. 6

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  7. 7

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  8. 8

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  10. 10

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。