記事
  • ロイター

米の対中関税は国際ルール違反、WTOが判断 米国は反発


[ジュネーブ/ブリュッセル 15日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)の第一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)は15日、米国が2018年に中国製品に課した関税措置は国際貿易ルールに違反しているとの判断を示した。

パネルは、中国に対する措置が「規定上正当化された」ものであることを証明する義務を米国が果たしていないと指摘。関税は中国にのみ適用され、米国が約束した最高税率を超えているため、貿易ルールと矛盾していると述べた。

また、米国は関税対象となる製品の選択に加え、中国企業が不正行為や不公正な競争を行っているとの見方に基づき、関税措置が必要な理由を十分に説明していないとした。

その上で「米国は当該措置を義務に適合させるよう勧告する」と表明。「相互に満足できる解決策を模索する時間はまだある」とした。

ただパネルは、米国の措置のみを検証し、米国がWTOに訴えなかった中国の報復措置については検証していない。

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は、WTOが中国の「不正行為」に対する救済策を提供していないとして、WTOの判断に反発。声明の中で「米国は不公正な貿易慣行から身を守ることを許されなければならず、トランプ政権は中国がWTOを通じて米国の労働者、企業、農家、牧場主を利用することを容認しない」と述べた。

その上で「WTOは中国の有害な慣習をやめさせるに当たり完全に無力だ。今回のパネルの報告書で、トランプ政権がこれまでの4年間に主張してきたことが裏付けられた」とした。

中国商務省は、米国がWTOの判断を尊重し、多国間貿易システムを維持するために現実的な行動を取ることを望むとした。

トランプ氏は、WTOは中国寄りだと批判して脱退を警告している。

ただ、この日ABCが開催した市民との対話集会でトランプ氏は、中国との1月の通商合意を引き続き支持する姿勢を示した。

ホワイトハウスでは記者団に対して、中国のひどい行いを見過ごしているWTOに対してなんらかの行動を取る必要があるとコメントした。

米国はWTOの判決を受け入れずに上訴する可能性が高い。ただ、WTOの最終審にあたる「上級委員会」は、米国がメンバーの選任を拒んでおり、機能が停止している。米国が上訴したとしても、上級委の審理は現状では不可能となっている。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  4. 4

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  6. 6

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  7. 7

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  8. 8

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  10. 10

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。