記事
  • ロイター

米デルタ航空、10月の一時帰休回避へ 政府支援延長なお支持


[シカゴ 15日 ロイター] - 米デルタ航空<DAL.N>のバスティアン最高経営責任者(CEO)は15日、10月1日からの強制的な一時帰休は操縦士を除き回避するが、年末まで労働時間短縮と役員給与削減を続けると従業員宛てのメモで明らかにした。

競合のアメリカン航空<AAL.O>とユナイテッド航空<UAL.O>は、今月に期限を迎える政府の航空業界向け雇用支援が延長されなければ、4万人以上の雇用が危機にさらされると警告している。

ロイターが確認した社内メモによると、自発的な休職希望者が多く、労働時間を25%短縮したことから、デルタは強制的一時帰休を避けられるという。労働時間短縮と役員給与半減は年内続ける。

バスティアンCEOは、現在から来年夏の旅行シーズンまでの人員配置を「効果的に管理」しているが、政府支援の延長を引き続き支持していると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。