記事
  • ロイター

米輸入物価、8月は予想上回る+0.9% インフレ圧力上昇


[ワシントン 15日 ロイター] - 米労働省が15日発表した8月の輸入物価指数は前月比0.9%上昇し、予想の0.5%上昇を上回った。前月の上昇率も大幅に上方改定され、インフレ圧力が高まっているという見方を裏付けた。

先週発表された消費者物価指数(CPI)や卸売物価指数も上昇が続いていることが示されていた。ただ、労働市場が緩む中で米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス危機からの回復を支援するための金融緩和策を抑制する可能性は低いとみられる。

PNCフィナンシャルの首席エコノミスト、ガス・フォーシャー氏は「複数の産業で生産のボトルネックが確認される半面、経済全体には大規模な未利用の生産能力が存在しており、短期的にインフレを抑制する」との見方を示した。

7月の輸入物価は、前月発表の0.7%上昇から1.2%上昇に改定された。8月の前年比は1.4%下落。7月は2.8%下落していた。

内訳では、燃料・潤滑油が3.3%上昇。7月は15.1%上昇していた。石油製品は2.9%上昇。7月は16.5%急騰した。食品は0.4%上昇し、7月の0.9%下落から反転した。

燃油・食品を除くコア輸入物価は、7月の0.3%から0.7%に上昇が加速。2011年4月以来の伸びとなった。前年比では0.9%上昇。ドルが6月以降、主要貿易国通貨に対し約3.6%下落していることを背景に、伸びは今後も加速する公算が大きい。

中国からのモノの輸入物価は横ばい。7月は0.2%上昇。前年比では0.3%下落した。

輸入資本財は0.1%上昇。自動車は0.1%、自動車を除く消費財は0.2%それぞれ上昇した。

輸出価格は0.5%上昇。非農産品が上昇する一方、農産品は下落した。7月は0.9%上昇だった。前年比では2.8%下落。7月は3.8%下落していた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。