記事

ドコモ口座被害 手軽さの盲点

NTTドコモは、電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を使った不正な預金引き出しの被害が11銀行の顧客で計66件、約1800万円に上る、と10日に発表しました。きっかけは、NTTドコモが、携帯契約者以外にもサービス利用を拡大した際、事実上、安全性のハードルを下げたことにあり、強化するきっかけもあったが、見過ごされた、と報じられています。副社長が会見し、口座開設時の本人確認が不十分だったと認め、「被害者にお詫び申し上げる」と謝罪しました。

また、銀行と連携して、全額を補償する方針も表明しました。全体のセキュリティーを設計するのはドコモの仕事なので、ドコモ側の問題が大きいが、金融機関も預金口座を持つ顧客へのサービスとして、安全性が確認できない限り、気楽にドコモ口座からの接続に応じてはいけなかった、という指摘もあります。

セブンペイの不正アクセス問題もあったわけで、銀行側の対応も緩かったという見方を、専門家はしています。NTTドコモの電子マネー決済サービスを通じての不正な引き出しは、登録した銀行口座から「ドコモ口座」にチャージ(入金)し、スマホで買い物や送金できるサービスを、銀行の口座番号や暗証番号を不正に入手した何者かが本人になりすましてドコモ口座を作り、チャージを繰り返したものみられています。

地銀など35行が、連携していました。ドコモ口座は、電子メールのアドレスさえあれば、オンラインで手軽に開設できる仕組みでした。本人確認が不十分な仕組みになっていた背景には、競争が激しくなり、できるだけ簡単な手続きで利用者を獲得しようとする意図が働いた、とみられています。

狙われた銀行は、チャージに使う預金口座を登録する際、口座番号や暗証番号だけで簡単に手続きが完了する銀行だった、とのこと。携帯番号の登録の義務付け、1回限りの「ワンタイムパスポート」の活用といった、本人確認手続きの厳格化が必要です。警察は、電子計算機使用詐欺などの容疑を視野に捜査を始めています。私たちも、ネットでの情報の入力には、十分気を付けることだと思います。

話は、別ですが、昨晩、Facebookの私のアカウントが乗っ取られ、スパムが送られました。何人かの方からの連絡で、すぐにパスワードを再設定しました。昨晩は、不正が行われたのでブロックしている、ということで使えず、今朝になって、ようやく回復しました。これは、防ぎようのないものですが、ネット上の情報には神経質にならざるを得ません。

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第3のビール値上がり 政府に怒り

    田中龍作

  9. 9

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。