記事

菅新総裁誕生

 14日、自民党総裁選挙が行われ、予想通り菅義偉氏が圧勝し新総裁になった。16日の臨時国会で首相指名選挙、第99代首相に選ばれ認証式などを経て新内閣発足となる。

 政治的空白を無くすため、党員投票を省略したが、野党やテレビのコメンテーターなどは「民意」が反映されないと批判のオンパレードだった。総裁選は自民党党員の意志によって決めるからこれは正確には「民意」とは言わない。臨時国会で国民から選ばれた議員で首相を決めるが、これが「民意」、言葉も知らない連中だとあきれている。

 地方票で苦戦した岸田文雄氏が予想を上回る議員票を獲得し、石破茂氏との2位争いを制したが、これからまたメディアなどが「石破つぶしで暗躍」などと書き立てるに違いない。

 菅氏は秋田県のイチゴ農家の長男として生まれ、高校卒業後上京、働きながら大学を卒業し、サラリーマン、議員秘書、地方議員を経て国会議員になり、ついに天下人となったまさにたたき上げの政治家である。

 安倍首相の女房役として歴代最長の官房長官を務めたから、政治のあらゆる面に精通し、特に改革に剛腕を発揮したように内政面に強い。情報収集力があり、幅広い人脈にも恵まれている。

 外交面では弱いのではないかと言われるが、安岡正篤先生の言う「政治の要諦は人を知り、人を用うるの一点に帰する」で、要は適切な人材を起用し、大局から決断を下せばいいのである。

 コロナ禍、それによる経済の混乱、米中対決、中国、北朝鮮の軍事的脅威・・・

問題山積の大変な時代である。国家国民の為に全身全霊で頑張って欲しいと、私は祈るような思いでいる。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  5. 5

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  6. 6

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  9. 9

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  10. 10

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。