記事
  • ロイター

中国、国境係争地帯で光ケーブル敷設 通信網増強=インド政府筋


[レー(インド) 14日 ロイター] - 中国軍がインド国境の係争地帯で光ファイバーケーブル網を敷設していると、インド政府当局者2人が明らかにした。両国の外相は先週、ヒマラヤの係争地での緊張を緩和することで合意したが、通信網の敷設は中国が長期戦に備えている可能性を示唆している。

こうしたケーブルは前線部隊と後方基地をつなぐ安全な通信手段を提供する。インド政府高官によると、通信ケーブルは係争地のラダック地方にあるパンゴン湖の南で最近確認された。

インド当局は衛星画像により、湖の南で砂の中にそれまで見られなかった線が複数見られたことで中国側の動きを察知。国内の専門家が塹壕に敷設された通信ケーブルであると分析し、海外の情報機関も同様の見解を示したという。

この高官は、中印部隊がわずか数百メートルの距離で対峙している場所もあるパンゴン湖の南岸に中国が高速通信用の光ファイバーケーブルを敷設したことが最大の懸念事項だとし、「中国は猛スピードで敷設している」と語った。

中国外務省は現時点でロイターの取材に応じていない。国防当局者のコメントも得られていない。

別のインド政府当局者によると、同国の情報機関はパンゴン湖の北側でも約1カ月前に同様のケーブルが敷設されているのに気付いたという。

更に別の政府当局者は14日、先週の中印外相会談以降、双方に目立った撤退や部隊増強の動きは見られないと指摘し、「これまでと同様に緊迫した状況だ」と話した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。