記事

民主党と日教組。土肥氏の民主会派復帰と、主導した日教組のドン

政府民主党から離党者が相次ぎ、衆議院過半数割れが目前となっている中、『数確保のためのなりふり構わぬあがき』として、無所属で活動していた土肥隆一氏が民主党会派に加入した。

土肥氏って誰?

と思われる方もいるかと思うが、この議員、以前、とんでもない事をしでかした議員なのだ。
氏はもともと民主党の議員だったのだが、何と彼は与党の一員であったにも関わらず、2011年、日本政府に『竹島』の領有権主張の中止求める文書を『韓国議員』と共に発表。
その事が国会のみならず、日本中から問題視され、責任を取って民主党を離党した、という衝撃の過去を持つ。

日本国の日本国民を代表する国会議員として、このような公然売国は到底許されない行為であり、本来は離党ではなく、議員辞職が当然だろう。党さえ離れれば許される、なんていう問題ではないのだ。

その土肥氏が、民主党幹事長室の要請で、民主党会派に復帰し、今後の復党も検討している、という。

幹事長は日教組のドン、輿石氏。
日教組は『竹島は韓国の言い分が正しい』などという、歴史さえまともに理解できていないような発信をしているが、その組織代表たる輿石氏の本性みたり、の土肥氏の民主党会派復帰と言えるだろう。
ちなみに選挙の折の違法献金が刑事事件化し、小林千代美議員が議員辞職するに至った北海道教職員組合問題。その時の幹部も、今はちゃっかり組合幹部に復帰している。
山梨では輿石氏の選挙で処分された教師も、ちゃっかり学校管理職に昇格している。

日本を取り戻さなければならない。
教育現場を特定イデオロギー集団から取り戻さなければならない。
だからこそ我々は一部に批判があろうとも、民主党政権と徹底抗戦をしているのだ。
民主党政権が一日続けば、その分だけ、いや、それ以上、国益を逸する。
もはや、その事に多くの国民が気づいているはずだ。

民主党がやっと重い腰をあげ、間もなく臨時国会が招集される。
民主党政権最後の国会、にするために、毅然たる態度で論戦に臨みたい。

あわせて読みたい

「竹島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。