記事

民主党と日教組。土肥氏の民主会派復帰と、主導した日教組のドン

政府民主党から離党者が相次ぎ、衆議院過半数割れが目前となっている中、『数確保のためのなりふり構わぬあがき』として、無所属で活動していた土肥隆一氏が民主党会派に加入した。

土肥氏って誰?

と思われる方もいるかと思うが、この議員、以前、とんでもない事をしでかした議員なのだ。
氏はもともと民主党の議員だったのだが、何と彼は与党の一員であったにも関わらず、2011年、日本政府に『竹島』の領有権主張の中止求める文書を『韓国議員』と共に発表。
その事が国会のみならず、日本中から問題視され、責任を取って民主党を離党した、という衝撃の過去を持つ。

日本国の日本国民を代表する国会議員として、このような公然売国は到底許されない行為であり、本来は離党ではなく、議員辞職が当然だろう。党さえ離れれば許される、なんていう問題ではないのだ。

その土肥氏が、民主党幹事長室の要請で、民主党会派に復帰し、今後の復党も検討している、という。

幹事長は日教組のドン、輿石氏。
日教組は『竹島は韓国の言い分が正しい』などという、歴史さえまともに理解できていないような発信をしているが、その組織代表たる輿石氏の本性みたり、の土肥氏の民主党会派復帰と言えるだろう。
ちなみに選挙の折の違法献金が刑事事件化し、小林千代美議員が議員辞職するに至った北海道教職員組合問題。その時の幹部も、今はちゃっかり組合幹部に復帰している。
山梨では輿石氏の選挙で処分された教師も、ちゃっかり学校管理職に昇格している。

日本を取り戻さなければならない。
教育現場を特定イデオロギー集団から取り戻さなければならない。
だからこそ我々は一部に批判があろうとも、民主党政権と徹底抗戦をしているのだ。
民主党政権が一日続けば、その分だけ、いや、それ以上、国益を逸する。
もはや、その事に多くの国民が気づいているはずだ。

民主党がやっと重い腰をあげ、間もなく臨時国会が招集される。
民主党政権最後の国会、にするために、毅然たる態度で論戦に臨みたい。

あわせて読みたい

「竹島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  2. 2

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  3. 3

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  4. 4

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  5. 5

    ネガティブ禁止 仕事増えるSNS術

    倉持由香

  6. 6

    韓国人識者 日本経済に勝てない

    NEWSポストセブン

  7. 7

    別荘5億円 外国人が激増する町

    BLOGOS編集部

  8. 8

    中国より挑発的な韓国の軍事行動

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    新生銀行 売出価格は1株1387円

    ロイター

  10. 10

    N国「カッコイイ」で支持得たか

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。