記事

ドライブインお化け屋敷 国内外から取材オファー絶えぬ人気

車体が揺らされ、フロントガラスにお化けが張り付く。逃げられないので相当な恐怖だ。

 今年8月末に閉園した遊園地「としまえん」のお化け屋敷やホラーイベントなどを手掛けたイベント会社「怖がらせ隊」が、新しいお化け屋敷を考案し、注目を集めている。

【写真】お化けが車を掃除する?今話題の「ドライブインお化け屋敷」の衝撃写真

「私たちの業界は8~10月に年収の約9割を稼ぎます。しかし今年は、3~5月の時点で8割以上のイベントの中止が決定。このままでは会社が立ち行かなくなると生み出したのが『ドライブインお化け屋敷』です」(同社・岩名謙太さん)

 通常のお化け屋敷は、密閉した空間にお化け役を配置し、客を入れて開催するため、まさに3密状態。これを回避するにはとアイディアを練っている最中、他者との接触なく楽しめるドライブインシアターを知り、これを応用できると考えた。

 客はスタッフと一切接触しない。車内のスピーカーから怪談を流し、物語に合わせて、車外で怪奇現象を起こすのだ。CNNやBBCといった海外のニュース番組でも取り上げられ、国内外からのオファーが絶えないという。

 7月上旬に開催した1回目は、300件のキャンセル待ちが出た。9月上旬時点では、次回開催の情報公開を待つために登録している人が1600人以上という人気ぶりだ。今後も随時開催を予定しているので気になる人は要チェックだ。

【開催日時】東京都内にて不定期開催。開催予定日は公式サイトを確認。
【料金】自家用車1台8000円、血まみれオプション+1000円、記念撮影とデータ送付+1500円、用意した車に乗って参加する場合、1グループ(4人まで)9000円。

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

あわせて読みたい

「お化け屋敷」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。