記事
  • ロイター

ドル下落、コロナワクチン巡る動きなどで株高進行=NY市場


[ニューヨーク 14日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対し下落。対円では2週ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスワクチンを巡る動きや企業のM&A(合併・買収)を手掛かりに株価が値上がりした。

市場では15日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)などに注目している。

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>は12日、中断していた英国での新型コロナワクチンの治験について、英政府当局から承認を得て再開したと発表した。

米ソフトウエア大手オラクル<ORCL.N>は14日、中国系の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業存続に向け、親会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)と提携すると発表した。米政府が求める売却を回避する狙いがある。ムニューシン財務長官は、今週中に両社の提携内容を精査する方針を明らかにした。

クラリティ―FX(サンフランシスコ)のエグゼクティブ・ディレクター、アモ・サホタ氏は「コロナワクチンを巡る明るい材料が株式相場を押し上げた」と指摘。「株高に伴いドルは軟調になった」と述べた。

ドルは通貨バスケット<=USD>に対し0.3%安の93.029。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(9月8日までの週)に基づくロイターの算出によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は326億7000万ドルで、前週の328億3000万ドルから減少した。減少は2週連続。

今回のFOMCは、物価の一時的な上振れを容認し、雇用の最大化に重点を置いた米連邦準備理事会(FRB)の新戦略発表以降で初めてとなる。

ナットウエストは調査リポートで「最新のドットチャート(今後の政策金利の推移を点で示したグラフ)により、現在のゼロ金利政策が2023年にかけて適切となることが浮き彫りになるだろう」と指摘した。

ドル/円<JPY=>は0.4%安の105.70円。日銀は16―17日に金融政策決定会合を開く。大きな政策変更は予想されていない。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.2%高の1.1867ドル。

ドル/円 NY終値 105.72/105.7

3

始値 105.93

高値 106.02

安値 105.56

ユーロ/ドル NY終値 1.1868/1.187

0

始値 1.1873

高値 1.1887

安値 1.1860

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  5. 5

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  6. 6

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  7. 7

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。