記事

新首相に望むこと、WWFが声明文

世界自然保護基金ジャパンは14日、自民党総裁に選出された菅義偉(よしひで)官房長官に対して、「新首相の望むこと」と題した声明文を発表した。詳細は下記。(オルタナS編集部)

WWFジャパン

1. 脱炭素化を含む環境問題を新政権の最重要課題の一つとして位置づけ、経済復興策と明確に連動させること

日本がこれまで打ち出してきた新型コロナからの経済復興策には、環境と連動させた政策はほとんど見られない。

欧州連合やドイツ、フランス、イギリス、カナダなど世界の先進国は、コロナ禍からの経済刺激策の中で、企業の救済に気候変動に関する情報の開示を求めるなど、グリーン・リカバリーを具体的な施策として打ち出している。

脱炭素化は今や巨大な経済成長策である。240兆円規模の大規模な経済刺激策が動くこの機会は、日本企業が乗り遅れてしまっている脱炭素社会へ移行する最大の機会である。

2. 温暖化対策を含む環境問題を、日本企業の国際競争力の源泉として明確に捉え、脱炭素・循環型社会への移行につながる施策へ誘導すること

日本は過去の高度経済成長期の成功神話にとらわれたまま数十年来てしまった。高度成長を支えた重厚長大産業は、今やGDPの10%にすぎないにもかかわらず、いまだ産業界全体の代表として脱炭素化への施策の導入や変化を阻み、日本経済全体が停滞している。

新型コロナウイルスによって有無を言わさず、遅れていたデジタル化や、ステークホルダー重視型の企業経営へ移行しつつある今こそ、環境を経済の制約と捉える呪縛から解き放ち、日本企業の国際競争力の源泉として位置づけるべきである。

停滞気味の国の政策とは対照的に、企業はパリ協定と整合した意欲的な取り組みを進めている。ESG投資が主流化する中で、日本企業の生き残り策としても、環境を重視した経営へ移行するように、政府の方向性を明確に示すことで予見性を与え、誘導する政策を打ち出すべきである。

3. 経済(エネルギー選択を伴う)と環境問題とを一体化して議論し、施策化できる体制を構築すること

日本において脱炭素化が進まない最大の理由は、強大な権力を持つ経産省が、エネルギーを管轄し、そのあとで環境省が環境施策を立案せざるを得ないという構造的な問題にある。

温室効果ガスの9割以上がエネルギー起源である日本においては、エネルギー選択を伴う経済と脱炭素化を同時に検討できる体制を整えねば、脱炭素化へ向かう世界経済の覇者になることは到底望めない。

そのため、経済(エネルギー選択を伴う)と環境問題とを一体化して議論し、施策化できる体制を構築することが肝心である。そのためには、リーダーたる首相が脱炭素化への方針を明確に打ち出した上で、議論の場を設定したり、省庁における検討体制を再編したりする必要がある。

4.脱炭素化へ向かうための温暖化対策の基本法を制定し、具体的な計画を実施する体制を構築すること

パリ協定を実施するため強力な政策の根拠となる法律が日本にはまだない。依然として、京都議定書時代の古い「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」を、必要最小限の改正とともに据え置いている状態である。

脱炭素化を明記したパリ協定に温対法の改正で場当たり的に対応している状態を速やかに解消し、温暖化対策に関する基本法を制定し、日本の温暖化対策に法的根拠を与えるべきである。

具体的には、「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」を発展させ、緩和に関する法律として位置づけ、さらに適応法を包含して、地球温暖化対策に関する基本法として制定するべきである。

その中には下記のような明確な長期目標やそれにつながる中短期の数値目標を明示することとし、それらに沿って実施計画を立てる体制を構築することが必要である。
基本法に内包するべき内容例

①温室効果ガス「2050年実質ゼロ」の長期目標の明記
②温室効果ガス2030年国別目標を引き上げ、明記
③温室効果ガス削減目標と整合的なエネルギー見通しの数値
④排出量取引制度などの有効な政策の導入
⑤3~5年などの定期的な見直しを含めた実施計画の策定、炭素予算の配分

5. パリ協定の実施に関する国際協力に貢献すること

パリ協定は世界ほぼすべての国が参加して今世紀なるべく早い脱炭素化を目指す国際条約であるが、その実効性は各国の実施にかかっている。

日本はこれまでの消極的な姿勢を改め、パリ協定の実施に向け国際的に貢献していくべきである。そのためにはまず2021年末のCOP26に向けて、日本自身の取り組み強化が欠かせない。

すみやかに現状の不十分な2030年の26%削減目標(2013年比)を引き上げ、パリ協定に早期に再提出するべきである。さらに2050年実質ゼロの目標を国内で明確にし、パリ協定へ長期戦略も出し直すべきである。

自らの取り組み強化をもって、各国の削減目標引き上げ機運を高め、パリ協定の有効な実施に向けて世界をリードするべきである。

明確な脱炭素化のビジョンを世界に向けて示すことが、ひいては国内のあらゆるステークホルダーが安心して温暖化対策を進めるための強力な後押しへとつながる。

安倍政権下では、2020年の削減目標は1990年の基準年に比べて減少どころか、増加させる目標としたほど、環境問題は後回しにされてきた。これらは日本の産業にとっても、市民にとっても国民生活に大きく関わる問題であるにも関わらず、その決定にステークホルダーが意味ある形で関わる機会も設けられなかった。

新政権下では、国民がその決定に参加できる透明なプロセスを確保するべきである。欧州は、グリーン・ディールの下で脱炭素化に沿った金融・ビジネスの方向性を明示することで、したたかに主導権を握ろうとしている。

ESG投資の潮流が世界的に強まる中、日本が産業競争力を維持・向上していくためには、環境重視の政策が欠かせない。2020年、パリ協定の実施年に入った今誕生する新政権は、日本の産業が将来的に国際競争力をもつためにこそ、「環境を成長の源泉」として捉えた政権運営をしていくべきである。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第3のビール値上がり 政府に怒り

    田中龍作

  9. 9

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。