記事

元福岡県警・マル暴指揮官が明かす「工藤會との対決30年」

過激な活動で有名だった工藤會のいまとは(写真は2012年の本部事務所への家宅捜索。時事通信フォト)

 過去、数々の暴力事件を起こし、事務所倉庫からロケットランチャーが発見されるなど、突出した凶暴性で全国にその名を知られた『工藤會』(本部・福岡県北九州市)。全国唯一の「特定危険指定暴力団」であるこの組織が、警察の徹底的な取り締まりにより、弱体の一途を辿っている。

 2014年には事実上のトップ3、野村悟総裁、田上不美夫会長、菊地敬吾理事長が殺人や組織犯罪処罰法違反など4件の市民襲撃事件に関与したとして逮捕。現在、3人の公判が福岡地裁で開かれている。7月31日の公判では、野村被告が被告人質問に臨んだ。

 この日、紺のスーツにノーネクタイで現われた野村被告は、補聴器を付けて証言台へ。元漁協組合長の射殺事件(1998年)などについて検察から問われ、「一切関与していません」と無罪を主張。そのほかの事件についても、全て関与を否定した。

 最盛期の2008年には1200人の構成員等を抱えた工藤會も、いまや半数以下の500名ほど。かつて“最強の武闘派ヤクザ”と呼ばれた工藤會の今の姿を、その壊滅に半生を捧げた捜査指揮官はどう見ているのか──ジャーナリストの末並俊司氏が、伝説の元福岡県警マル暴トップに話を聞いた。

 * * *

「彼らと戦った日々を、いまでも昨日のように思い出します」

 8月初旬のある日の昼下がり、福岡県北九州市小倉の喫茶店でそう話し始めたのは、藪正孝氏(64)。1975年から2016年に退職するまで、福岡県警の刑事として暴力団対策部門に携わり、暴力団対策部副部長、北九州地区暴力団犯罪捜査課長などを歴任。まさに工藤會の壊滅に警察人生の全てを注いだ男である。

 県警を退職後、公益財団法人「福岡県暴力追放運動推進センター」の専務理事を務める藪氏は、この5月に工藤会と福岡県警の30年にわたる戦いを記録した『県警vs暴力団 刑事が見たヤクザの真実』(文春新書)を出版した。

「当たり前ですが、暴力団はどの組織も暴力的です。ただ、工藤會は他の団体に比べると次元が違った。カタギだろうと警察だろうと容赦なく狙う。こんなヤクザはいままでなかった」(藪氏。以下同)

 工藤會の前身となる工藤組は、戦後間もない1946年、博徒系の組織として生まれた。その後、九州進出を目論む山口組と衝突しながら、勢力を拡大していった。

 だが、1992年に暴力団対策法が施行され、北九州市民に暴力団反対の機運が高まる。

「脅しに屈さず、みかじめ料の支払いを拒否する人や、組員の立ち入りを拒む店なども現われ始めた。県警も工藤會への圧力を一層強めました。ただし、こうした情勢が組員の凶暴性に拍車をかけた。『窮鼠猫を噛む』ではないですが、あちこちで刃傷沙汰、発砲事件を繰り返しました。2003年に小倉のクラブに構成員が手榴弾を投げ込み、12人が重軽傷を負います。これ以前も県警は様々な方法で工藤會弱体化に力を注いできたのですが、この事件をきっかけに捜査の抜本的な見直しが必要だと、県警全体が認識するようになりました」

 当時、藪氏は捜査4課に新設された『北九州地区暴力団犯罪対策室』の副室長だった。

「刑事部長からは、“1日10人逮捕しろ”とハッパをかけられたものです。私自身、工藤會を叩くにはこれまでのやり方では難しい。考え方を変える必要があると感じていました。私が一番こだわったのが、“資金源”にメスを入れることでした。各捜査班の班長から上がってくる報告のおかげで、工藤會のシノギの構造がある程度わかるようになっていた。ここを本気で叩く。そのための新たな体制として資金源対策の専従班を作りました」

 当時、工藤會と北九州の一部土建業者には、長い時間をかけて築き上げられた“ズブズブの関係”があった。

「大型の工事では関連の企業が決まっており、かならず工藤會の息のかかった下請け業者に仕事が回される。するとその業者から工藤會に対してキックバックで金が入る。この利権解体に注力した。“兵糧攻め”をかけたのです。これで工藤會は一気に弱体化した。私が担当を外れた後になりますが、県警は頂上作戦にシフトし、トップの逮捕に全てを注ぎました」

 そして2014年、元漁協組合長の刺殺事件に関与したとして、トップ3の野村総裁、田上会長、菊池理事長の3名を逮捕。翌年には木村博理事長代行も逮捕した。

 藪氏は頂上作戦を見届けた2016年2月に退職。前述の通り、現在は暴力団員による不当な行為の防止と被害の救済を図ることを目的とした公益法人の専務理事を務めている。

「暴力団からの暴力から市民をまもるだけでなく、元ヤクザの社会復帰も手伝っています。いくら組織を離脱したといっても、元ヤクザの社会復帰には様々なハードルがある。銀行口座の開設さえ、離脱から5年経過しなければ難しい。しかし県警と我々が協力して、5年経過前に口座を開設することができた工藤會の元 幹部もいます。小倉駅の近くでうどん屋さんをやっていますよ。私も何度か食べに行きました」

 暴力団対策に長年携わってきた藪氏に、どうしても訊いてみたいことがあった。それは一部に根強く残る“ヤクザは社会の必要悪だ”とする考え方についてだ。藪氏は持っていたコーヒーカップを置き、身体を少しだけ乗り出すようにして答えてくれた。

「ヤクザは社会のハグレモノに居場所を与える存在でもある、といった考え方をする人が確かにいる。でも、それを任侠とかっていって美化するのはよくない。あなたたちマスコミの中にもいるでしょ、ジャーナリストの肩書を使った暴力団のスポークスマンみたいな人がね。私だって彼らの存在を否定はしません。ただ、やっぱり暴力団は悪です。それは間違いない。誰しもが暴力に頼らずに生きていける人間になれる。それを信じてほしい」

●取材・文/末並俊司(ジャーナリスト)

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。