記事

「人間そんなに賢くない」鈴木涼美が恋愛トークをぶった斬り続けるワケ

「男はホントに話を聞かないし、女も頑固に地図は読まない」——表紙に踊るのは、いつかのベストセラーのタイトルをもじったうたい文句だ。

BLOGOS編集部

作家・鈴木涼美が見聞きした恋愛トークを独自の視点で切り取った「非・絶滅男女図鑑」(集英社)が発売された。本作では、現代に生きる男女を「恋愛類天敵目シュラバ科」「意識高い類ポリシー目共食い科」など4つに分類したうえで、様々なキャッチコピーを与えて29項に分けて論評している。

・自称「卒業した男」
・元「めちゃモテ」女
・堀江ワナビー男

代表的なものを挙げるだけで、思い当たるフシがあるという人もいるかもしれない。鈴木氏は「普段、女友達とばっかり遊んでいるので、男の愚痴や女の愚行のネタはたくさんもらってます」というだけあり、本書に取り上げられているような、「あるある」や「いるいる」を感じさせるエピソードは自然と集まっていったようだ。

自称「卒業した男」って?鈴木涼美氏に聞く

メディア上での恋愛トーク 女性をDisるのは「神経使う」

本書の特徴は、なんといっても恋愛に関するさまざまな男女の言動が、男性15に対し女性14編とほぼ同数でズバッと斬られている点だ。

鈴木氏が「数多書いてきた」というように、これまでメディア上では恋愛ベタだったり、少しイタい行動をとった男性がイジられることが圧倒的に多かった。一方、本書では女性もしっかりと取り上げられているが、そこにはSNSが普及した現代ならではの難しさもあったという。

「女の人をDisるのは神経を使いますよね。今は、こういう女ってこうだよね、みたいな話をすると、曲解されたり、Twitterで"名誉男性"とかって叩かれたりする。それを防ぐためには、必ず一緒に自分自身も斬らないといけない。総じて女性はイジりづらい世の中になってきています。」

そう話しつつ、「私はそういう今の雰囲気が好みじゃない」と、はっきりと本音も述べる。鈴木氏が多くの読者に支持される理由は、このあけすけさにあるのかもしれない。


「非・絶滅男女図鑑 男はホントに話を聞かないし、女も頑固に地図は読まない」鈴木 涼美 - Amazon.co.jp

それでは、これまで斬ってきた男性については?と話を向けると、「男の人たちは叩いてもちょっと喜ぶじゃないですか。それは余裕があるから。上の世代のフェミニストは、男性に対して戦ってきたけど、私たちの世代はそうでもなくて、おじさんに迎合しながら踏みつける、みたいな感じ」とのこと。踏みつけられたおじさんたち、お元気でしょうか……。

「人間そんなに賢くない」10年経っても恋愛の根本は変わらず

鈴木氏は自身を社会に声を上げるフェミニストではなく、「うまいことやってる悪いお姉さん」と位置づける。当然、そこにはポリシーもある。

「幸福と不幸、どちらに目を向けるかなんですよ。私は常に幸福に目を向けたいなと思っていて。本に出てくる、ビジネスについて語って悦に入っちゃう"堀江ワナビー男"も、ちょっとサムいけど本人は幸福なんです。だからこそ、心置きなく嘲笑できるという面もある。この本は、そういう幸福な人たちに対するからかいみたいなものだから。」

心から嘲笑できる「堀江ワナビー男」とは

そういうと鈴木氏は、2011年まで日本テレビで放送されていた人気バラエティ番組「恋のからさわぎ」を例に話し始めた。「恋のからさわぎ」は、多数の女性が出演し、自身の恋愛にまつわるエピソードを披露。それに対し、司会の明石家さんまがツッコミを入れて話を回していくというものだった。

「現代の恋愛の話も、10年前のあの番組で出てきたエピソードと根本的な違いはないんです。ただ、今の時代には"LINEの既読スルーがムカつく"とか、"フェミに理解を示す男性がいる"とか、細かなところが違う。そういう意味では、この本はあるひとつの時代を切り取れたかな。」

なるほど、恋愛の細かな話から時代時代の様子が見えてくるということだろうか。最後に、時代が変わっても男女の恋愛の根本が変わらないのはなぜだと思うか、鈴木氏に聞いた。

「結局、人間そんなに賢くないんですよ。恋愛っていうのは、人生を豊かにするか超効率悪くするかのどちらかで、わかっているのに、悪い方にいったりする。でも、変わってないってことはそこに何かあるんですよ。きっと。」

サイン入り書籍をプレゼント!

今回インタビューした鈴木涼美さん著『非・絶滅男女図鑑 男はホントに話を聞かないし、女も頑固に地図は読まない』を抽選で2名様にプレゼントします。下記をご確認のうえ、奮ってご応募ください。

応募方法

BLOGOSのTwitterアカウントをフォローし、固定ツイートをリツイート。

応募受付期間

2020年9月14日(月)〜9月17日(木)

当選者発表日 9月18日(金)

発表方法:応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、発送先のご連絡(個人情報の安全な受け渡し) のため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。当選者様にはBLOGOS編集部から、Twitterのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。

キャンペーン規約

  • 本キャンペーンにご参加いただくには、このキャンペーン規約(以下「本規約」といいます)にご同意いただく必要があります。ご同意いただけない方はご参加できず、当選したとしても無効といたします。
  • 本キャンペーン実施期間中にBLOGOSのTwitterアカウントをフォローし、指定した投稿をリツイートしている方が抽選対象となります。
  • 1人のお客様につき、ご応募は1回のみとさせていただきます。異なる複数のアカウントにより同一のお客様が複数の応募を行っているとLINE株式会社(以下「当社」といいます)が判断した場合、ご応募は無効とさせていただく場合があります。
  • 本キャンペーン開始から当選連絡までに投稿を削除した場合は、抽選対象外となります。
  • ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当社が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 本規約に違反された場合、当社はお客様の応募や当選をその裁量により取り消すことができます。
  • Twitterの利用、応募受付の確認、当選に関してのご質問やお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 商品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。また、本キャンペーン当選賞品を、第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーに従います。
  • 当選連絡後、当選連絡時にお伝えする日付までに当社所定の情報をご送信いただけない場合、またはご当選者様が入力した配送先に発送した賞品がご不在や配送先記載不備などにより返送された場合は、当該ご当選の権利を取り消すことがあります。
  • 本キャンペーンはLINE株式会社が行っております。本キャンペーンはLINE株式会社が独自に行うものであり、Apple社、Google社、Twitter社とはまったく関係ありません。
  • 本キャンペーンおよび本規約の内容は予告なく変更されることがあります。予めご了承ください。

あわせて読みたい

「恋愛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  5. 5

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  6. 6

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。