記事

ユニクロの柳井社長が自分の功績よりも「誰かの話」を熱く語る理由

1/2

卓越したリーダーは、物語や比喩をつかって話すのがうまい。経営学者の野中郁次郎氏と竹内弘高氏はそう分析する。2人の新著から、アップル創業者のスティーブ・ジョブズと、ファーストリテイリングの柳井正社長のスピーチのポイントを紹介しよう――。

※本稿は、野中郁次郎、竹内弘高『ワイズカンパニー 知識創造から知識実践への新しいモデル』(東洋経済新報社)の一部を再編集したものです。

ニューデリーでの「ユニクロ」インド1号店オープンに際し、スピーチするファーストリテイリングの柳井正社長

ニューデリーでの「ユニクロ」インド1号店オープンに際し、スピーチするファーストリテイリングの柳井正社長 - 写真=AFP/時事通信フォト

人に本質を伝える力こそ必要だ

リーダーが素早く本質をつかめたとしても──つまり状況や、ものや、現象の背後に何があるかを素早く理解できたとしても──人々にその本質を伝えられないのなら、宝の持ち腐れである。リーダーには誰にでもわかる普遍的な言語で本質を伝える能力が求められる。ただし状況の本質はたいてい言葉では言い表しづらい。

そこでワイズリーダー(賢慮のリーダー)はメタファー(隠喩)や、物語や、その他の比喩表現を使って、幅広い事柄について、効果的に人々との意思の疎通を図ろうとする。そうすることで、今の状況も過去の経験もそれぞれに異なる個人や集団に、素早く直観的に本質を理解させられる。

リーダーは、レトリックにも熟達しなくてはいけない。野望やビジョンという形で表現されるレトリックには、人々の心を奮い立たせる力がある。レトリックは伝統的にはもっぱら政治の領域に限定されてきたが、意図的ないし戦略的な誘導を含め、人間のコミュニケーション全般にかかわるものである。本稿においては、個々の状況で効果的に伝え、説得し、意欲を引き出す方法を意味する。知識実践には相手に行動を促すこのレトリックが欠かせない。

どのようにレトリックを使えばいいのか?

レトリックが効果を発揮するのは、自分の言葉が相手にどう受け止められるかがわかったうえで、レトリックを使うときである。そのためには深い感情レベルで、相手の反応を感じ取れる能力が求められる。相手がどのように言葉を受け止め、どのように反応するかがわかれば、それをもとに、どのように話したらよいかを考えられる。

相手にこちらの言いたいことが伝わるようにするためには、自分の視点ばかりだけではなく、相手の視点にも立つことが重要になる。本質をつかむうえでは、ものや、現象や、経験の本質を感じ取る能力が何より肝心だとしたら、その本質を他者に伝えるということは、他者の本質的なダイナミクスをつかむことだといえる。

ジョブズのスピーチはなぜ学生の心を打ったのか

二〇〇五年のスタンフォード大学の卒業生たちは、ものを学ぶうえで一番大切なことを、ワイズリーダーから物語を通じて教わった。

二〇〇五年六月一二日、当時アップルとピクサーのCEOだったスティーブ・ジョブズは、全身を耳にして聴き入る学生たちに、自分の人生から三つの物語を紹介した。それらはまさに偶然と、個性と、選択が詰まった物語だった。「今日は、私がこれまで生きてきた経験から三つの話をしたいと思います。それだけです。たいしたことではありません。ただの三つの話です」と、ジョブズは話し始めた。それらの話は人生とは何かについての本質を伝えるものだった。学生たちは心の声に従うことをやめてはならない、いつまでも「ハングリーであれ、愚直であれ」というメッセージを受け取った。

一つ目の物語は、リード大学を半年で退学した経験についてだった。ジョブズはいったんは大学に入ったものの、自分を養子として引き取り、育ててくれた裕福ではない親に貯金を切り崩させてまで、大学に通う意味が見出せなかった。しかし退学後も一年半ほどは、大学に居座って、興味を引かれた講義を受けた。

「好きなものを見つけよ、探し続けよ」

その一つがカリグラフィーの講義だった。もしジョブズが大学を退学せず、カリグラフィーの講義に潜り込んでいなかったら、パソコンに現在のような美しいフォントは備わっていなかっただろう。ジョブズは学生たちに次のように語った。

「あらかじめ将来を見据えて、点と点をつなぎ合わせることはできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。ですから、今は、点と点とがいつか必ずつながると信じることしかできません。直感でも、運命でも、命でも、カルマでも、なんでもいいでしょう。とにかく信じることが大切です。私はこのやり方でこれまで後悔したことはありません。むしろ、今の私があるのはそのおかげだと思っています」

二つ目の物語は、自分が興した会社であるアップルから解雇された経験についてである。それは「ひどく苦い薬」だった。ジョブズは打ちひしがれた。先輩の起業家たちの期待を裏切ってしまったとも感じた。シリコンバレーから逃げ出そうとまで思った。しかし数カ月後、自分が打ち込んできた仕事が自分は心から好きだったことに気づいた。すると、もう一度、やり直そうという意欲が湧いてきた。

ジョブズはそれから五年の間にネクストとピクサーを相次いで設立し、やがてアップルにCEOとして華々しい凱旋を果たした。ジョブズはこの話をすることで、卒業生たちに好きなものを見つけよ、見つかるまでそれを探し続けよと励ました。

リーダーが伝える「人生で一番大事なこと」

「人生では、つらい目にも遭うときもあります。信念を失わないでください。私が今まで頑張ってこられたのは、好きなことをしてきたからだと断言できます。心から好きなことを見つけてください。(中略)まだ見つかっていない人は、探し続けてください。妥協してはいけません。恋愛と同じです。本当に好きなことが見つかったときには、自分が探していたのはこれだとすぐにわかります」

三つ目の物語は、手術で治療できる珍しいタイプの膵臓がんだと診断されたことについてだった。死にたい人間はいないと、ジョブズは認めたうえで、死はおそらく生命の最高の発明だろうと語った。死は変化の担い手であり、古いものを取り除くことで、新しいものが生まれてこられるようにしているのだ、と。学生たちは、この物語から次のような生きる知恵を授けられた。

「今、その『新しいもの』とは、まさに皆さんのことですが、皆さんもそれほど遠くない将来、次第に『古いもの』になり、この世界から取り除かれます。(中略)時間は限られています。ですから、不本意なことをして、自分の人生を無駄にしないでください。ドグマに縛られてはいけません。それは他人の考えに従って生きることです。周りから聞こえてくるノイズのせいで、自分の内なる声がかき消されないようにしてください。人生で一番大事なのは、勇気を出して、自分の心と直感に従うことです」

あわせて読みたい

「柳井正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。