記事

大坂なおみ選手優勝 黒いマスクの力強い訴え

テニスの大坂なおみ選手は、12日、全米オープンの女子シングルス決勝で、ペラルーシのアザレンカ選手を破って優勝しました。

全米オープンは、テニスの四大大会の一つで、この大会 では、2年ぶり2回目の優勝になりました。1-6、6-3、6-3での逆転勝ちでした。

大坂なおみ選手は、直前のウエスタン・アンド・サザン・オープンでは、黒人男性が背後から警察官に撃たれた事件に抗議して、準決勝のボイコットを一時表明し、主催者側の日程をずらして、出場したほうが訴えられるという説得に応じて参加しました。

その時に「私はテニスプレーヤーとして以前に、ひとりの黒人女性として」行動する、と表明し、感銘を受けました。

全米オープンでは、7枚のマスクを用意し、それぞれに犠牲者の名前を記し、黒人に対する人種差別や警察による暴力の犠牲を訴え、力強いメッセージでした。

テニスのプレーもそれと相まって、冷静に大人のテニスをしたように見えました。

7枚のマスクに記されたのは、

①26歳の救急救命士のブレオナ・テイラーさん。麻薬事件の捜索で自宅に押し入ってきた警察官に射殺されました。

②23歳のマッサージ療法士のエレイジャ・マクレインさん。コンビニからの帰宅中に3人の警察官に頸動脈を押さえつけられて心肺停止になり、数日後に死亡しました。

③25歳のアマッド・アーバリーさん。ジョギングしている最中に、白人の親子に銃殺されました。

④17歳の高校生のトレイボン・マーティンさん。コンビニで買い物をした帰り道、ヒスパニック系白人の男性と口論になり、胸を銃撃されて死亡しました。

⑤46歳の音楽活動 をし、警備員をし4ていたジョージ・フロイドさん。偽造ドル札を使った容疑で拘束された際、警察官に膝で首を押さえつけられて、「息ができない」と何度も助けを求めましたが、死亡しました。

⑥ビデオゲームが好きだった32歳のフィランド・カスティールさん。車を運転していて警察官に止められ、銃を所持していることを告げたところ、車内に向けて7発発砲され、そのうち5発が命中し射殺されました。

⑦12歳の学校が好きだったタミル・ライスさん。市内の公園で模造銃を手に遊んでいたところ、白人警官に銃で撃たれて死亡しました。

大坂選手が、「7枚では足りない」と話していたように、もっともっと多くの黒人が、人種差別や警察の暴力で死亡しています。私も、最近のジョージ・フロイドさんの事件は記憶していますが、知らなかったものが多かったです。大坂なおみ選手が、優勝したことで、7枚のマスクは、すべてインタビューで披露され、世界の人たちに強く訴えられたと思います。

それを受けて、私たちがどう行動していくかだと思います。この優勝によって、世界ランクは3位になったとのこと。それと同じか、それ以上の価値のある訴えだったと思います。

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  3. 3

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  5. 5

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  8. 8

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  9. 9

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  10. 10

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。