記事

ベトナム人女子留学生がバイト先のコンビニで感じた身の危険

1/2
コンビニでは多くの外国人留学生が働いている

 この数年、様々な場所のハラスメントが可視化され、「良くないこと」として止めるように求められてきたが、実際には、被害にあっている人が場所を追われることのほうが多い。

 とくに「お客様は神様です」が行きすぎていると指摘されることもある接客の現場では、カスタマーハラスメントに泣き寝入りさせられることが少なくない。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、「アニメおじさん」のためにコンビニで働くのをやめたベトナムからの女子留学生についてレポートする。

 * * *

「おじさん怖い。私もう会いたくないです」

 ベトナム人の女子留学生、ホアさん(仮名・20代)は小さな肩を震わせる。とても愛らしい女性で、本当は別の名前だが、ここは仮名でホア(ベトナム語で”花”の意味)さんとする。ベトナムの女の子は花の名前や季節(たとえばシュアン・春)などの名前が多い。

 ホアさんは日本で言うなら花子さんだ。ホアさんと仮名にするのは特定がどうこう以上に、身の危険があるためである。

「怖い人、アニメおじさん、いつも来ました」

 身の危険の原因はホアさんがかつて勤めていたアルバイト先のコンビニに来ていた男である。ホアさんが「アニメおじさん」と呼ぶ理由は後述する。ホアさんは彼の恐ろしさにコンビニを辞めたが、いまも怖がっている。

 ホアさん、まだ日本語学校に通い始めて1年ほどだが、日本のアニメや漫画が好きだったので多少は覚えたという。とくに『君の名は。』はベトナムの映画館で見て感動したそうだ。純愛ものが好きとのことで、『聲の形』や『天気の子』なども劇場で観たという。

 ベトナムは健全な作品という条件に限れば日本のアニメをたいてい観ることができる。とくに『ドラえもん』などはベトナムでも国民的アニメだし、『美少女戦士セーラームーン』もベトナムの少女には懐かしい作品だ。

「おじさん、優しいけど怒る、話長いの迷惑。仕事中なのに」

 そんなホアさんが憧れの日本に来て、勤め先で遭遇した男はいわゆる「クレーマー客」と呼ばれる人種だった。ホアさんは怖がっていても「おじさん」と丁寧に呼ぶ。ベトナムの英雄、ホー・チ・ミンの愛称「ホーおじさん」と同じように。

 ベトナムは年功序列、上下関係が徹底していてベトナム語でも男性女性、目上目下どころか年齢、性別によって人称代名詞も事細かに変わる。普通の女の子ならまず目上をぞんざいな言葉で呼んだりしない。

「ホアのため、ホアのため、って怒ります」

「アニメおじさん」とはなかなかキャッチーだが、ホアさんいわく、日本で言うところの中高年がアニメ好きというのはベトナムでは珍しいから素直に呼んでいるだけで悪意はないようだ。

【写真】ベトナムでも人気のドラえもん

おじさんの家に行こうって言われました、怖い

 細かい部分は英語で補ってもらうことにしたが、ホアさんいわく、その男は50歳とか60歳くらい(日本人は若く見えるのでわからないとのこと)でお爺ちゃんという感じではない。レジに来ては「釣りの渡し方が駄目」「挨拶がなってない」「スプーンが違う」と、ホアさんの接客にダメ出しをしたという。

 ホアさんも日本に来て間もなく、また相手が目上ということもあって素直に笑顔で「ごめんなさい、ありがとう」と応じていたがやがてエスカレート、「日本のことを教えてあげよう」「日本語を教えてあげよう」とあれこれちょっかいを出してくるようになった。

 まだ擦れていないホアさんはこれも最初のうちは簡単な単語をフランクに交わしたりと接客のタイミング内で応対していたが、ついには日本文化を教えてあげると秋葉原に誘われたり、「いつ店は終わるの?」と聞かれるようになった。親切なおじさんなんだろうと思っていたホアさんもさすがに気味が悪くなった。

「おじさんの家に行こう、日本のアニメ見ようって言われました、怖い」

 ついには帰宅途中、待ち伏せされて家に誘われたホアさんは走って逃げたという。そしてこれを機に、「お前のために言っている」とあれこれ難癖つけるクレーマーと化した。アニメを持ちかけられたのはホアさんがつい日本アニメが好きと言ってしまったこと、ちょっと作品の話をしたからだろう。

 おじさんは話を合わせたか、もしくは古参のオタクかもしれない。ちなみにホアさんに投げかけられた誘いの言葉、文中では「日本のアニメ」としているが男が言った作品名をホアさんが覚えていたので実際は明確である。有名なロボットアニメなのだが仮に60歳だとしてもファースト世代でありおかしくはない。

 それでも異国で見知らぬ客のおっさんが俺の部屋でアニメ鑑賞をしようと誘ってくるわけで、微笑ましい文化交流というより単なるホラーである。しかしホアさん、そういうのは勘弁だがクレームに関しては仕方ないという。

「日本でお客さまは神さまです。日本では仕方ないです」

 日本の文化をよく知っているホアさん、彼女なりに順応しているが、こうなると「おもてなし」文化もかわいそうでしかない。

「でも、クレームより困ることされました」

 ホアさんは困った顔で言葉に詰まる。綺麗な黒目を左右に散らせて、より小声にしてうつむき加減にこぼす。

「悪い本でいじめします。あれ困ります」

 悪い本とはどういうことか、私はもちろん察しがついたので言葉を選んで問い返すと、ホアさんもうなずく。要するに成人雑誌のことだ。昨年、コンビニから成人向け雑誌が原則、配置されなくなることがニュースになったが、加盟店の判断で今も1000店以上のコンビニで販売が続いている。

 そのコンビニの成人雑誌をおじさんがレジでホアさんに見せつけるように買うのだという。まあコンビニで正規に売っているわけで買うことに何の問題もないのだが、ホアさんによればあれはわざとだと言う。

 実際、立ち読みできないようにしているテープを剥がしてこれみよがしにあられもない見開きのままレジに出したりしたという。それも1度や2度ではないし、明らかにホアさんを選んで来ていることは当時の同僚も心配してくれていた。

 そんな嫌がらせも日本人店員なら気にしないかもしれないが、キスシーンすら手で顔を覆ってしまうというベトナム人の女の子からすればテロ行為である。

「日本だから仕方ないです。でも恥ずかしいです、ベトナムそういうのないです」

あわせて読みたい

「外国人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。