記事

米アカデミー賞の選考に“多様性ルール”導入も狙いは興行収入? ひろゆき氏「結局“金じゃん”と思っている」

1/2

 アメリカで相次いで問題となった、黒人に対する警察官の暴力。これに呼応し、反差別運動も激しさを増している中、ある変革が話題を呼んでいる。

【映像】米「アカデミー賞」に新基準

「この基準は、映画を見る観客の多様性をより適切に反映するため、スクリーンの中、外で、公平な表現を促進するように設計されています」

 こう発表したのは、映画の祭典「アカデミー賞」を主催する映画芸術科学アカデミー。作品賞の審査に新たな基準を設け、受賞のためには一定数基準を満たさなければならないと発表した。過去には、俳優部門に有色人種が1人もノミネートされず、授賞式のボイコット騒動が勃発。批判の声が多くあがっていた。

 変革に向け大きく舵を切ったアカデミー賞。新たな基準が適用されるのは2025年に開催される予定の第96回アカデミー賞からだ。しかし、インターネット上ではすでに賛否が分かれている。アカデミー賞、そして世界の映画にどのような影響を及ぼすのか。11日の『ABEMA Prime』は考えた。

■新基準にひろゆき氏「結局“金じゃん”と思っている」

 新たな基準が設けられるのは、アカデミー賞の中の「作品賞」。具体的には、「A:主要な役にアジア系・黒人などを起用 or 出演者3割に女性や性的少数派など起用 or 作品・テーマが性的少数派や障害者をあらわすもの」、「B:製作スタッフの3割に女性・性的少数派・障害者など起用」、「C:配給会社が少数派のインターン受け入れるなど」、「D:広報などに女性・性的少数派など多様な人材」の4つで、このうち2つを満たす必要がある。

 新基準について、朝日新聞経済部記者で元ロサンゼルス支局長の藤えりか氏は「映画芸術科学アカデミーが起死回生を模索した形」との見方を示す。

「面白い作品がアカデミー賞を獲らないというのはその通りで、会員はアートに寄った投票をしている。一方、主催母体の映画芸術科学アカデミーは、授賞式のテレビ視聴率を上げたい、もっとヒット作品をノミネートさせたいということで、ある種せめぎ合いで条件変更を重ねてきたところがある。

今回思ったのは、映画業界もオールドメディアでジリ貧になってきていて、起死回生の策を色々模索しているんだなと。というのもアジア系、韓国ドラマや映画もそうだが、面白いコンテンツはNetflixやAmazonプライムにあって、客が劇場に来てくれなくなっている。多様性があるものを打ち出した方が劇場に来てくれるのではないかと、色々ジレンマがあった中でのことかなと思った。

ただ、文言で“アジア系”が最初に出てきたのは画期的だなと思った。アジア系はずっとビハインドで、白人ばかりのアカデミー賞といっても、黒人を登用しようなどそういう話ばかりだ。日本の人たちが進出しても、真田広之さんはすごく頑張っておられるがなかなか難しい。それが意識されるアナウンス効果はあるのではないかとは思う」

 一方、2ちゃんねる創設者の西村博之(ひろゆき)氏は「アジア系が出てきたのは、『トランスフォーマー』の米レジェンダリー社が中国資本になってしまったように、大作に中国人が出るのはむしろ当たり前になっている。その事後承認な気がしていて、結局“金じゃん”と思う」と指摘する。

 この意見に藤氏も「それはすごくある。ハリウッドはアイデア不足に陥っていると言われている中で、『パラサイト 半地下の家族』はすごいねとなって、韓国コンテンツにもすごく注目している。今までにないストーリー、金になるものを求めているというのはある」と賛同した。

■「表現の自由」「白人への逆差別」? 懸念する声も

 新基準の導入に対しては、「表現の自由を妨げない?」「実力のある白人への“逆差別”は?」「実話ベースの映画は作品賞とりにくい?」「作品がマイノリティー重視作品ばかりに?」「男性が中心の世界は描きにくい?」「達成のためのお飾りキャストやスタッフが増える?」など、問題点を懸念する声があがっている。

 こうした声にひろゆき氏は、「表向きは基準が出たが、例えば配給会社でインターンを入れるのは簡単にできる。基準のCやDなどのところにマイノリティーの人を入れるのは簡単で、白人しか出ない映画もちゃんと基準は満たせるので、これらの声は単なる危惧に終わると思う。多様性に考慮しているというプロモーションで、こうしてニュースになってよかったねという話。実際問題、あまり変わらないと思う」との見方を示す。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。