記事

金正恩の「重大情報漏えい」でも処刑されない影の実力者の処世術

1/2

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国家が最も重要視するものは何か。国によって異なるだろうが、戦前の日本では「国体護持」であり、国民の生命と財産への重大な損害が明らかな本土決戦すら敢行しようとしていた。一方、2020年の北朝鮮で、最も重要視されるのは首領(最高指導者)とそれを戴く国家体制の維持で、国民の安寧など二の次、三の次だ。

金正恩氏の安全のために国のあらゆる組織が動き、時には国民の命すら奪う。昨年10月に金正恩氏が両江道(リャンガンド)の三池淵(サムジヨン)の再開発工事現場を訪れた際、その移動経路が事前に漏洩するという重大事件が発生した。国家保衛省(秘密警察)は脱北して1年半、中国に住んだ経験を持つ40代男性を逮捕、通常より短い1ヶ月あまりの取り調べの後、室内で非公開処刑にした。

(参考記事:金正恩氏の「デリケート情報」が洩れて10人が処刑の危機

この男性の容疑は「韓国の諜報機関と内通していた」ということになっているが、国家保衛省はその証拠を示さなかった。市民の間では、両江道の道庁所在地、恵山(ヘサン)市の秘密警察のトップ、保衛部長に新年のお祝い金、つまりワイロを渡さなかったことで目をつけられて殺されたとの話が広がっていた。

これだけの重大事件が起きた場合、直接の責任がなくとも多くの幹部が連帯責任を問われるのが一般的だ。場合によっては公開処刑すらあり得る。何しろあるスッポン養殖工場の支配人は、金正恩氏の機嫌を損ねただけで処刑されたぐらいだ。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  6. 6

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  10. 10

    眞子さまと小室氏の結婚に米では歓迎ムード「ロミオとジュリエットみたい」

    NEWSポストセブン

    09月20日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。