記事

片岡愛之助、『半沢直樹』黒崎役は「人生の分岐点」 “直樹呼び”誕生の裏側も告白

1/2

●「黒崎に戻れるのか」不安感じるもオーディオドラマで手ごたえ

7週連続で世帯平均視聴率22%超え、8月30日放送の第7話では24.7%を記録するなど、前シリーズ同様、大きな注目を集めているTBS系日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜21:00~)。「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフでおなじみ、主人公・半沢直樹(堺雅人)の新たな戦いが繰り広げられている。

俳優陣の熱演、そして毎話のように飛び出す新名言が大きな話題に。オネエ言葉が特徴の金融庁の検査官・黒崎駿一も、強烈なインパクトを放っている。制作発表会見で「オネエに磨きをかけて頑張っています。よろしくネ!」と呼びかけていた片岡愛之助。その言葉通りパワーアップした黒崎の役作りや撮影裏話について、本人に話を聞いた。

『半沢直樹』黒崎駿一役の片岡愛之助

2013年に社会現象を巻き起こした『半沢直樹』の待望の続編が実現した。放送決定の知らせを聞いた時、愛之助は「またできるんだ!」という喜びとともに、「果たして僕はどんな演技をしていたのだろうか。黒崎に戻れるのだろうか」という不安も感じ、前作のDVDで自身の演技を振り返ったという。

ドラマの撮影に先駆け、今年3月に放送されたオーディオドラマ『TBSラジオ オリジナルドラマ「半沢直樹」敗れし者の物語 by AudioMovie』で黒崎を演じる機会があったことも、「すごく助かった」という。「久しぶりに黒崎を演じ、『あぁ、こういう感じ』と。それで『よし!』と思い、今作に挑みました」と語った。

さらに、昨年11月に兵庫県豊岡市の出石永楽館で開催した「永楽館歌舞伎」で、黒崎役(設定としては黒崎の双子の弟)を演じる場面もあったという。「一芸をしたら関所を通すという、楽しいお芝居があり、歌舞伎の製作チームから『黒崎を演じるのはどうですか?』と提案されたんです。第2弾が発表される前でしたし、意気揚々と黒崎として登場して客席の反応が薄かったらどうしようと思いましたが、やるしかないと。一番緊張しました」と経緯を明かした。

観客の反応を心配していたものの、黒崎として舞台に登場すると観客は大盛り上がり。「『お久しぶり~!』と出ていったら、ドッカーンってめちゃくちゃウケたんです。前作以来の黒崎でしたが安心しました。そして、ネット上でも『黒崎さん最高!』というコメントが。その前の演目で通常の歌舞伎の芝居もしていたんですけどね。そのときに、『半沢直樹』は本当に社会現象を起こした大ヒット作なんだと改めてすごさを感じました」と振り返った。

歌舞伎、オーディオドラマを経て、ドラマ続編に突入。第3話の初登場シーンでは、「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官」として半沢と再会を果たしたが、この肩書きは福澤克雄監督のアイデアで生まれたそう。しかも、「もっと速く」「大きい声で」と監督のこだわりが強く、「漢文みたいで覚えるのが大変で、しかも大きな声で速く言うなんて!」と苦戦しながらもしっかりと期待に応えた愛之助。「それでも楽しかったです」と笑った。

●“直樹呼び”で表現した愛の深さ「敵対しながらもお互い尊敬」



第3話では、突然の“直樹呼び”も話題に。黒崎が「これ直樹のよね?」と発すると、SNS上では「いつの間に直樹呼びになったの?」「直樹呼び最高」「可愛すぎる」「さらにパワーアップしてる」と大反響を呼んだ。

愛之助は「いきなり『直樹』ですからね。監督から『直樹って呼んじゃいますか! ここで直樹と呼べるのは奥さんの花と黒崎しかいない』とご提案いただいて。『よっぽど直樹に対する愛が深いんですね?』と聞いたら、『その通りです』とおっしゃって、やはり嫌よ嫌よも好きのうち、敵対しながらもお互い尊敬している関係で、ほのかな恋心のようなものもあるのかなと思いながら」と、“直樹呼び”誕生の裏側を告白。

最初どれくらいのレベルで黒崎を演じたらいいか悩んだという愛之助だが、“直樹呼び”が決まったことで、「それならかなりのギアが入った登場しかない」と本作での黒崎の演技が固まったという。

「『ただ検査官として来たのではなく、愛を持って』と監督がおっしゃるので、愛情いっぱいにやらせていただきました! いきなりトップギアに近い勢いでの登場だったので、みなさん『黒崎がパワーアップして帰ってきた!』とおっしゃってくださって」とうれしそうに話す愛之助。敵対しつつも尊敬の思いがある、その愛を表現するには“直樹呼び”は最高のフレーズだったに違いない。

第6話で半沢と再会したシーンでも、「あなた、いたの! おかげで、ファイトマンマンよ!」とエンジン全開。ウインクも仕掛けて注目を集めた。

監督との現場でのやりとりのなかで、次々と新しいフレーズが誕生しているそうで、「それが『半沢直樹』という芝居の面白いところであり、生きた役が作れるのは役者としても非常に演じがいがあり、楽しいです」と充実した表情。「台詞1つにしろ、上から言ったり下から言ったり。監督から何パターンも求められるので、いろんなパターンで直樹を攻めています」と楽しそう。

福澤監督から「こんな風に演じてほしい」とイメージを伝えられ、それに応える場面もあるそうで、「台本には書いてない行間を埋めていくという生きた芝居は非常に楽しい。連鎖的に芝居が流れているようにつながる面白さがあり、本当に福澤監督はすごいなと思います」と福澤監督とのドラマ作りの楽しさを語った。

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  5. 5

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  6. 6

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  7. 7

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。