記事

「ワンポイント説」にはご用心 菅義偉内閣は“本格政権”に化けるかもしれない 簡単に「安倍亜流政権」だと決め付けない方が良い - 曽我 豪

 9月16日にも誕生する見込みの菅義偉総理は、代打・ワンポイントなのかはたまた本格政権なのか、政治メディアの値踏みの議論が喧しい。だが意味のある議論とも思えない。そんなことはとっくに遥か昭和の昔、先輩記者が答えを出している。

 朝日新聞に後藤基夫という名物政治記者がいた。吉田茂以下、朝日嫌いで鳴る歴代の首相にも太いパイプを持ち、政界の裏の裏まで知り抜いていて「ゴッちゃんのGはご存知のG」と称された。佐藤栄作首相の寝室から出て来て他社の記者を驚かせ、「寝室記者」とあだ名された。


菅義偉氏 ©文藝春秋

そもそも「暫定」は総理にならない

 その見巧者がベテラン記者同士で座談した『戦後保守政治の軌跡』(岩波書店)で言う。

「内閣に暫定ということはありえない。暫定をつけられた人間は全部つぶれて、実際にはなっていない」

 話題は、田中角栄首相が金脈問題で退陣し自民党の椎名悦三郎副総裁の裁定により「青天の霹靂」で「クリーン三木」と称された三木武夫氏が後継に選出された世に名高い「椎名裁定」についてだったが、

「あのときだって、椎名とか保利(茂)暫定とかいろいろ言われたけれども、暫定と言われたら、ならない」

 と明言した。さらに福田赳夫氏が大平正芳氏に「首相を2年で渡す」との「密約」があったとされる件についても、

「暫定と言われる内閣では、政策は何一つできっこないよ。だから絶対ないんだよ。そういうことは」

 と、にべもなかった。

 政治家たるもの、誰でも首相になりたいしなったら本格政権でありたい。衆院選で勝ってワンポイントの評判をかき消したい。それだけだ。

「岸亜流」と思われていた池田勇人政権

 ずっと、首相を目指す気はないと公言して来たのに、安倍晋三首相退陣が千載一遇の好機と見るや、周りの支持が固まる前に自民党総裁選出馬を決めた菅氏である。本格政権に向け、やる気満々でないはずがない。そうでなければ、デジタル庁の創設から厚生労働省の再編まで、こうも矢継ぎ早に目玉政策をぶち上げられようか。

 それに『戦後保守政治の軌跡』にも出てくるが、安倍首相の祖父・岸信介首相が安保紛争の混乱の中で退陣し後継に池田勇人首相が登場した時、メディアはこぞって「岸亜流内閣」と書いた。安保紛争に対し池田は岸に負けず劣らず強硬だったし、岸が派閥をまとめて池田支持を打ち出したのが総裁選での池田勝利の原動力となったのは明らかだったからだ。

 ところが池田は「寛容と忍耐」をスローガンにして低姿勢を演出、4カ月後に解散し衆院選で大勝するや、翌年の大幅改造で自前の「実力者内閣」を作る。身上の所得倍増政策を全面展開し、昭和の東京五輪の開会式を見届けて病気退陣するまで4年の本格政権へと自らを飛翔させたのである。

 従って、現時点でいくら菅首相が「安倍政治の継承」をうたい、仮に最初の組閣が小幅の修正に終わったとしても、そうそう簡単に「安倍亜流政権」だと決め付けない方が良いと、歴史は忠告してくれる。

解散はコロナ終息後か?

 もうひとつ、菅氏には、衆院解散に対して慎重居士だった過去が引き合いに出されることが多い。2008年に当時の麻生太郎首相が就任直後の国会で「冒頭解散」を断行しようとした際、党選対副委員長として党独自の世論調査の数字が振るわぬことを挙げて翻意させようとした。ほんの少し前、麻生副総理兼財務相が安倍首相に「9月解散」を持ちかけた際も、菅官房長官は慎重姿勢を変えなかった。

 だがそれも、彼は昔の彼ならず、かもしれない。

 解散について聞かれたテレビ番組での菅氏の答えが何とも味わい深い。案外、嘘を言えない首相になるのではないか。

 3日には慎重姿勢が少し変じて「状況次第だ。新型コロナウイルス感染が終焉を告げられるかどうかだろう」と言った。

 さらに5日には「私は官房長官の会見でよく、安倍総理がいつ解散するかと聞かれたときに、解散というのは総理が解散するといえば解散、しなければしない、それ以上でもそれ以下でもないと申し上げてきてます」と言った。

 つまり、感染が終息すれば解散する、これまでと首相としての自分とでは解散を判断する立場が違う、と言っているのに等しい。

 後藤記者を気取ればこうなるだろうか。

「最初から決まっている解散なんてありえない。選択肢を広げ、民意を見極め、やれるならやる。それが出来ない人は首相になる前につぶれている」

◆◆◆

 曽我豪氏(朝日新聞編集委員)による政局の分析の詳細は「文藝春秋」10月号および「文藝春秋digital」掲載の「安倍『歴代最長政権』コロナに敗れる」をご覧ください。

(曽我 豪/文藝春秋 2020年10月号)

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。