記事

「コロナ禍で研究できない若手研究者に支援を」若手研究者らが予算を要望

1/2
日本若者協議会提供

周知の通り、新型コロナウイルスの感染拡大によって大学生活に支障が出ている。

中でも研究への支障は大きく、文部科学省の調査によると、大学院博士課程の学生の7割が「博士号取得に遅れが生じる」との懸念を持っているという。

関連記事:大学院博士課程の7割が「博士号取得に遅れが生じる」可能性。新型コロナウイルスで研究活動に大きな支障(室橋祐貴)

そうした状況を踏まえ、日本学術振興会は7月28日に「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特別研究員の採用期間の取扱い」に関する通知をHPに公開、特例で学振特別研究員(DC1、DC2)の採用期間の延長希望に柔軟に対応することを発表した。

この背景には、博士課程学生がツイッターで声を挙げたことがあったことは以前記事に書いた通りである。

関連記事:博士課程学生からの要望を受けて、学振特別研究員の延長、奨励金繰り越しが可能に(室橋祐貴)

ただ、特別研究員としての採用期間が延長されても、生活費に相当する研究奨励費が追加で支給される訳ではなく、追加の予算措置が課題として残っていた。


海外特別研究員にも大きな支障

また国内の特別研究員だけではなく、海外渡航が制限される中で、海外特別研究員にも大きな支障が出ており、筆者のもとには海外特別研究員の採用者から請願が届き(281名が署名)、こちらも7月31日に日本学術振興会から「日本国内での研究期間を最長1年間延長する」等の特例措置が出されていた。

海外特別研究員とは

○優れた若手研究者を海外に派遣し、特定の大学等研究機関において最長2年間研究に専念できるよう支援する制度。

○海外への渡航を開始する時点から採用を開始し、「往復航空費」と「滞在費・研究活動費」(旅費扱い)を支援する仕組み。

ただこちらも、採用期間の延長については、来年度の追加予算が必要となり、9月末に予定される令和3年度概算要求に計上できるかが大きな課題となっていた。 

日本学術振興会 海外特別研究員の新型コロナウイルス感染症を踏まえた対応について

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  8. 8

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  9. 9

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  10. 10

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。