記事

韓国が日本に追いつく

先日、ニュースを見て「そんなに高いの」と思ったことがある。韓国の首都、ソウル市内のマンション価格である。ネットで調べると、「普通の価格帯は9億ウォン(約8000万円)」とある。「ひょっとして韓国人は裕福」と思った。

9億ウォンとは今年の値段のようだ。東京の真ん中の価格がどの程度か知らないが、同じか、少し高いかもしれない。広さにもよるが、9億ウォンの値段を付けても十分売れるのは、韓国人に財力があるからに相違ない。

そこで韓国の国内総生産(GDP)を調べてみた。世界国勢図会で1人あたりGDPを調べると、2018年の数字が出ていて、日本391万ドル、韓国336万ドルである。2019年が分からないのでネットで数字を調べて計算したところ、日本399万ドル、韓国321万ドルとなった。為替レートが韓国ウォン安になったため、日本と韓国の差が開いたようだ。

実は2017年の数字をブログに書いたことがある。日本396万ドル、韓国300万ドルだった。データは2018年と同じ世界国勢図会である。2017年と19年を比較すると、韓国が日本に迫ってきている。というか、日本が停滞している。

実のところ、日本の名目GDP(ドルベース)は20年前とほとんど変わらない。停滞した国である。一方の韓国は20年前と比べて3倍である。この分だけマンションなどの購買力で追いつかれたということになる。当然力関係にも変化が生じ、日本を無視できるようになったということだろう。これが政治関係に反映している。

高度成長期に大発展を遂げた日本の大企業、いつまで過去の栄光に酔いしれているのだろう。高度成長の宴ははるか昔に終わっている。アジア全体に眩しい朝が訪れ、多くの国が目覚め、企業が活発に活動し、大発展を遂げている。それなのに日本の大企業の中には、酔に腰を抜かしたまま起き上がれないところもある。

そんな企業にかまわず、「早く本気で働こうよ」と、つい本音でブログを書いてしまう。毎度のことなのだが。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  7. 7

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。