記事

「尊皇攘夷で挫折」「幕臣として渡欧中に大政奉還」新1万円札・渋沢栄一の逆転人生

1/2

日本近代資本主義の父、渋沢栄一。2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公で、2024年度からは新1万円札の顔になる人物です。しかしその人生は、挫折や計算違いの連続でした。どうやってそこから立ち直り、数々の偉業を成し遂げることができたのか――。

※本稿は、桑原晃弥『乗り越えた人の言葉』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

東京・千代田区の常盤橋公園にある渋沢栄一像。

東京・千代田区の常盤橋公園にある渋沢栄一像。 - 写真=PIXTA/a_text

混迷する時代の中で志を貫いた

「逆境に立たされる人は、ぜひともその生じる原因を探り、それが『人の作った逆境』であるのか、それとも『人にはどうしようもない逆境』であるのかを区別すべきである」
(渋沢栄一著、守屋淳訳『現代語訳論語と算盤(そろばん)』ちくま新書)

渋沢栄一さんに関する話題が尽きません。2021年のNHK大河ドラマは渋沢さんを主人公にした「青天を衝(つ)け」が予定されていますし、2024年度からは新1万円札の顔としても登場します。これまでも渋沢さんは紙幣の顔として何度も候補にのぼっていますが、当時は偽札予防の観点から「髭(ひげ)がない」という理由で実現しませんでした。「日本の資本主義の父」として満を持しての登場と言えます。

それにしてもなぜ今、渋沢さんがこれほど脚光を浴びているのでしょうか? 理由は、混迷する時代の中で自らの志を貫いた渋沢さんの生き方にあります。

ノーベル平和賞候補に2回もノミネート

渋沢さんが第一国立銀行を初め、のちの王子製紙や東京海上火災、東京電力や東京ガスといった約500もの企業の設立や運営に関わったことはよく知られていますが、それ以上に注目すべきは、約600とも言われる教育機関や社会公共事業の支援を行ったことや、悪化の一途をたどっていた日米関係を改善するために高齢の身を押して幾度も渡米するなど、民間外交に力を注いだことではないでしょうか。

こうした活動が認められ、ノーベル平和賞の候補に2度も選ばれました。渋沢さんほど、世界に目を向けた活動をする一方で、弱い立場の人たちに目を向け、かつそれを生涯実行し続けた企業家は世界でも稀有な存在と言えます。

豪農の跡取りとして平穏に暮らすはずが……

偉大な企業家にして偉大な社会事業家でもあった渋沢さんは、自分の人生を、自らが設立に関わった富岡製糸場が扱っていた蚕の繭(まゆ)にたとえてこう表現しています。

「自分の身の上は、初めは卵だったが、あたかも脱皮と活動休止期を4度も繰り返し、それから繭になって蛾(が)になり、再び卵を産み落とすようなありさまで、24~25年間にちょうど4回ばかり変化しています」

渋沢さんは1840年、今の埼玉県深谷市の豪農の家に生まれました。幼い頃から四書五経をはじめとする日中の古典を学び、12歳の頃からは剣術の稽古にも励んでいます。学問が好きで、剣術にも優れた才能を発揮する少年でしたが、14~15歳の頃からは「そろそろ農業や商売にも身を入れてもらわなければ困る」という父親の教えもあり、若くして商売にも優れた才覚を発揮しています。

世の中が太平であれば、渋沢さんはこのまま豪農の跡取りとして平穏な人生を送ることになったはずですが、黒船来航(1853年)や桜田門外の変(1860年)といった、江戸幕府(1603年~1868年)を揺るがすような出来事が相次いだことで、渋沢さんも国元を離れることになります。この時の跡継ぎを送り出す父親の覚悟と優しさを、渋沢さんは晩年まで感謝しています。

思いがけない五つのステージ

ところが、志を立てて故郷を出たつもりが思惑がはずれ、思いもかけない人生を送ることになりました。渋沢さんの人生は五つのステージに分けられます。

(1)尊王攘夷の志士として活躍した時期、(2)一橋家の家来となった時期、(3)幕臣としてフランスに渡った時期、(4)明治政府の官僚となった時期、(5)実業家として活躍した時期、の五つです。その間に「大政奉還」や「明治維新」といった「革命」があり、自らの思い描いた図とは違う生き方を迫られたのです。

渋沢さんが最初に目指したのは幕府打倒でしたがあえなく計画は中止、身を隠すために京都へ向かったものの、なぜか本来は敵である一橋家に士官することになります。そこで力量を認められた渋沢さんは1867年1月、徳川民部大輔随員としてフランスへ渡ったものの、同年11月9日に徳川慶喜が大政奉還を行ったため、今度は自らがよって立つはずの幕府そのものが崩壊しています。

ここまでは初志貫徹どころか、まさに挫折や計算違いの連続です。時代に翻弄されるばかりで、志を果たすどころではありません。

あわせて読みたい

「大河ドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。