記事

“規制緩和”なら死者大幅増の予想も 「現状はブレーキ踏むことができる」「“第◯波”は本質的ではない」

1/2

 東京都は10日の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で、都の感染状況の警戒レベルを1つ引き下げ「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」とした。小池都知事は、東京23区の飲食店等への営業時短要請を15日で終了するとし、「一定の抑制効果があった」と述べた。

【映像】「抑制効果があった」東京GoTo追加へ

 また、政府は「GoToトラベル」の対象に、10月1日から東京も加える方針だ。こうした緩和の動きについて、政治学者で東京都立大学法学部准教授の佐藤信氏は「都のモニタリング指標は感染状況と医療体制の2本立て。溢れる水(感染状況)は少しずつ減っていて、受け皿(医療体制)は増えている。どちらも下向きになっているので、経済も傷んでいるこのタイミングでアクセルをかけるのは適切な管理。ただし、どのタイミングでブレーキやアクセルを踏むのか客観的な基準が示されていないのは問題だ」との見方を示す。

 そんな中、米ワシントン大学の研究で、新型コロナウイルスによる全世界の死者数の予測が発表された。10日までの世界の死者数は90万5181人だが、来年1月1日には約280人と3倍になると予測している。また、日本の死者数は10日までで1429人だが、来年1月10日には、現状維持の場合は12万514人、規制を緩めた場合は28万7635人にまでのぼるとしている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。