記事
  • ロイター

シンガポール政府系ファンド、アントIPOへの投資検討=関係筋


[シンガポール/香港 11日 ロイター] - 中国電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N>傘下の金融会社アント・グループが予定する新規株式公開(IPO)に、シンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスとシンガポール政府投資公社(GIC)が投資を検討していることが事情に詳しい関係筋2人の話でわかった。

アントは、香港証券取引所と上海の中国版ナスダック「科創板」でIPOを計画。資金調達額は最大で300億ドルと、昨年12月に上場したサウジアラムコ<2222.SE>を抜いて世界最大規模になる可能性がある。

テマセクとGICはコメントを差し控えた。

テマセクとGICは、2018年にアントが実施した140億ドルの資金調達に参加している。

関係筋によると、テマセクは香港と本土の両方のIPOに応募することを検討中。IPO計画の詳細をみてから確定する方針という。

テマセクのポートフォリオは今年3月時点で中国資産のウェートが29%と前年3月の26%から拡大する一方、シンガポール資産のウェートは26%から24%に低下した。

アントのIPOについて、ロイターは10日、サウジアラビア政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が出資を検討していると報じた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  10. 10

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。