記事

これからの時代を生き抜くための「学びかた」とは ――変化に強いチームを作り出すコツ

画像を見る

マンガを題材に、「仕事」や「組織」について考えてみようというこの連載。今回のテーマは「学び」です。

考えてみると、会社は社員に対して「学び」の機会を多く与えています。
よくある「新人研修」のような社員それぞれの役割や職歴に応じた研修プログラムもあれば、現場で上司や先輩、同僚を通じて仕事のやり方を学んでいくオン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)、実際に任された仕事を進めていく中で、本人が成長をしていく過程も重要な「学び」です。

個々の従業員の「学び」は、企業という組織の成長や発展に必須の要素となります。
しかし、旧来の会社組織を支えていた終身雇用という前提が崩れるなか、組織の成長のために必要となる「学び」の姿にも、変化が求められているようです。

題材とするマンガは、講談社「モーニング」で連載中の「GIANT KILLING」(綱本将也原案、ツジトモ作、以下「ジャイキリ」)
今回も法政大学キャリアデザイン学部准教授の梅崎修先生と、ジャイキリを読みながら考えてみましょう。

「学び方を学ぶ」重要性

ジャイキリでは、監督の達海が選手たちにちょっと奇抜な練習をさせるシーンが出てきます。たとえば、158話(17巻)では、メンバーのいつものポジションを入れ替えて練習試合をさせています。達海自身は、そのことで選手たちに「何を教えたいのか」について、ほとんど説明をしません。

画像を見る

画像を見る

実は、スポーツを題材にしたマンガや映画ではよくあるパターンです。
最終的に意味がある練習や謎の特訓でも、やらせる側は最初にその意味について教えないのが定番ですね。ジャイキリでは、『理由を告げずにいきなりヘンなことをさせる』というのが、達海のキャラクターの一部になってますね。

それが原因で、選手から不満が出たりするんですよね。ストーリーとしては盛り上がりますが、現実的には、もうちょっと論理的に意図を説明することで誤解を防ぐようなやり方をしたほうがいいかと思ったり・・・。

画像を見る

あながちそうとも言い切れないんですよ。実は、達海のこのやり方には、頻繁に変化する組織での『学び』のヒントがあるんです。それは『学び方を学ぶ』という視点です。

いわゆる「学校」の教育では、その人が考え、答えを導き出す基礎中の基礎となる「知識」を教えることに大半の時間が割かれます。達成度を測るテストの「問題」には対となる「答え」があり、それを正しく導き出すことが求められるわけです。

しかし、実社会で起こる「問題」には、一対の「答え」などほぼありません。さらに、変化のスピードは速くなっており、前にうまくいったやり方が今回は通用しないといったことも増えてきます。

画像を見る

変化のスピードが速まれば速まるほど、一対の答えを出す『知識』ではなく、汎用的な『学び方』を身につけておく必要性が高まってきます。でないと、状況に適応できなくなってしまう。実は、ジャイキリの中では、かなり頻繁、かつ細かく、そのための示唆が描かれているんです。

視点を変えて「気づき」を待つ

梅崎先生によれば、その大きなヒントとは「俯瞰の視点を与えること」なのだそうです。

画像を見る

メンバーのポジションを変えてプレーさせる話(158話、17巻)や、試合に出場していない選手が、スタンドから試合を見て、ピッチの選手に向けたアドバイスをプラカードで出すエピソード(168話、18巻)がそうです。
このあたりは一貫して『俯瞰の視点で仲間のプレーを見る』ことで『何かに気づく』ことの大切さが描かれています。

画像を見る

「気づいていない状態」は、自分単独の視点、つまり狭い視野でしか物事を見ていない状態とも言えます。
ジャイキリでは、その視点そのものを半ば強制的に変化させることで、本人に「何かを気づかせる」描写が多くあります。この「気づき」によって、本人は一気に成長します。
「視点の変化」や「視野の広がり」によって、全体の状況に気づくことが「学び方を学ぶ」上で大切な要素というわけです。

…でも先生、それって実際の組織の中でやろうとすると、結構難しいですよね。

画像を見る

たしかに簡単ではないですね。
マンガの中ではそんな状況の中でも、だれか1人、達海の『真の意図』に気づく人がいて、『監督が教えたかったのはこういうことなんじゃないか』ってセリフで説明してくれるんですけどね(笑)。
ただ、人はある環境を与えられると急激に成長する可能性があり、その成長を促すためにいろんな経験をさせることが有効な『学びの場』になることは、会社でも生かせる考え方だと思います。

画像を見る

気づいた人がセリフで説明してくれた!

「信じて見守る」ことの大切さ

とはいえ現実は「環境さえあれば、必ず気づける」ものでもありません。スポーツでもゲームでもいいのですが、「気づいた」経験のある人なら、その時のプロセスは非常に言語化しにくいものであることが分かるでしょう。
画像を見る
頭の中でイメージし、上手くいかない経験を何度も繰り返しながら努力を続ける中で、ふと「感覚をつかむ」瞬間はやってきます。それは「何時間やれば気づける」というように、数値では一般化できません。
また、「気づき」のタイミングは、人によって大きく違ってきます。
常に時間に追われる実社会の仕事における「学び」の中では、「当人が気づくまで待つ」のはなかなか難しくなってきます。

しかしながら、ジャイキリの達海監督は、待ちます。マンガなので、その後必ず気づくときはやってくるのですが(!)、それまで待ち続けるのです。

画像を見る

ここでは、辛抱強く『本人が気づくことを信じて見守る』ことの大切さが分かります。
これは子どもの勉強でも一緒ですが、時間で区切って、分からない人に答えを教えるのではなく『自分で気づくまで待つ』ほうが、本人にとって質の高い学びになるということでもあります。
自分で気づいた人は、その感覚を絶対に覚えていますよね。もし、別の状況で試行錯誤するときには、より早いタイミングで『気づける』ようになると思います。

学びの効果を劇的に高める「信頼」

ジャイキリの中では、「学び」の効果を高める変数の1つとして「監督と選手との間の信頼関係」が考慮されています。これは「学習の効果を高めるために非常に重要なこと」(梅崎先生)なのです。

画像を見る

達海は、選手たちにやらせるユニークな練習の意図をほとんど語りません。
当初、達海と選手との間には信頼関係がほとんどありません。選手は上下関係だけを根拠に、仕方なく指示に従うのですが、話が進んで信頼ができてくると、選手は意図が分からないなりに『あの達海監督が言ってるんだから』とのってくるようになります。
試合中の『気づき』は、実はこうした『高いレベルの信頼関係』がベースになっていることが多く、そういうシーンは巻が進むごとに増えています。

画像を見る

教えられる側が「真意はわからないけど、この人がいっていることだから、きっと自分のためになるはずだ」という思いで学びに取り組めば、たしかに得られる効果は高そうです。
教えるほうは「気づくことを信じて待つ」。さらに教えられる方が「自分が信じられていることを知っている」。この両方の条件がそろうことで、学びによる成長の度合いは劇的に高まるというわけです。

一粒で二度美味しい「GIANT KILLING」

ジャイキリにおける達海のこうした「学び」の実践方法の根底には、「組織は生き物のようなもので、変化しながらまとまって成長していくもの」という理念が貫かれています。その思いは、実際に達海のセリフとしても、作品の中で語られています。

画像を見る

画像を見る

これは、そのままジャイキリという作品そのものの根底に流れる理念でもあるのでしょう。
作品では、ETUの選手だけでなく、フロントもサポーターも、すべてが変化していきます。この『変化』の中で成長できる組織をどう作り上げていくかは、近年の会社が抱える課題とも重なります。能力や性格というダイバーシティ(多様化)を前提に、バラバラなものを無理に画一化しようとするのではなく、バラバラなままで組み合わせて、組織の目的を達成できるように機能させていくか。それを考える良い素材だと思います。

この4回の連載の中では、作品中のエピソードを通じて、組織を「辞めるときのルール」(第2回)「競争」のとらえ方(第3回)、そして今回「学びと成長」の理想の姿について考えてみました。
フィクションとは分かっていながらも「こんな組織が作れたらいいなぁ」「こんなふうに成長できたら最高だ」という「良いイメージ」を描けたならば、それは現実を変えるための、リアルな力になるはずです。…よね、梅崎先生?

画像を見る

ええ。もしかして、作者はネタ本としてビジネス書を相当読み込んだんじゃないかと思えるくらい、組織論を考えるにあたってはいい作品になっています。
あえて、物足りないところを上げるとすれば、今のところ『年俸』に関するエピソードがないところくらいでしょうか。 働くためのモチベーションとして重要な、金銭的報酬に関するとらえ方まで話が広がれば『仕事マンガ』としても、ものすごい完成度になりますね(笑)。そういう視点でも、今後のジャイキリを楽しみにしています。

GIANT KILLINGは、講談社の「モーニング」で連載中。単行本は2012年8月現在で24巻が既刊です。電子書籍としても入手できる作品ですので、興味を持たれた方はぜひ読んでみてはいかがでしょう。
サッカー漫画としても、自分のいる会社やチームに当てはめながら読める「仕事マンガ」としても楽しめる、おトクな作品であることを保証します!
次回は新しいマンガを取り上げます。どうぞお楽しみに。

関連記事
第1回 「GIANT KILLING」はチームマネジメントを学ぶのに役に立つ!?
第2回 メンバーが辞めるときにはどうすればいいのか「GIANT KILLING」から考える
第3回 リーダーが知っておきたい チーム内でうまく競争を生み出すコツ

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。