記事

固定電話に取って代わる?スマートスピーカー 。

1/2

ひと頃は耳目を集めたスマートスピーカー (smart speaker)やアマゾン エコー(Amazon Echo)、アレクサ(Alexa)という単語ですが、最近は英文でも日本語でもとんと目にしませんね。

[画像をブログで見る]

ちなみにtech記事の充実するWall Street Journalのサイト内検索をしたら、今月が1本、8月がゼロ、7月が1本だけでした。日経テレコンで日経以外の全国紙4紙では、アマゾンエコーはこの1ヶ月で1本だけ、という具合。

で、つい先日、Digital Trendの記事で見かけました。でも、拙ブログで過去に紹介した病気の診断までするスマートスピーカーが発売されたわけでも、心臓発作からあなたを救うアレクサが実装されたわけでもありません。

問いかければ、天気でもニュースでも音楽でも、なんでも即座に反応するスマートスピーカーですが、意外なことに「通話機能」は弱かったんですね。それを補う機能が加わったというニュースです。

3年ほど前にAlexa Callingという通話サービスが始まって、Alexa内蔵のスマートスピーカー同士に加え、Alexaアプリの入ったスマートフォンやタブレットとも無料で通話できました。

技術的なことは疎いのですが、これは多分、無料通話のライン(Line)と同じような仕組みなのでしょう。アプリを入れ、事前に電話番号で紐付けて登録済みの友人、知人同士とのみ通話できる仕組みですね。

日本の110や119にあたる911にはAlexaに頼んでもかけてくれません。公的機関がアマゾンの製品のためにアプリを入れて待っていてくれないからです。

ところが、9日から米国内で利用可能になったという新サービス “AT&T calling with Alexa”は、この二つの弱みを解消するようです。ただし、サービス名にあるように、通話相手はAT&Tの端末所有者に限られます。(アマゾンは、他の通信キャリアに拡大するかどうか明らかにしていないとのことです)

Alexaアプリで「Communication」でAT&Tを選択し、自分の電話番号を入れ、あとは指示に従ってAT&T端末を持つ友人、知人を電話番号で紐付けしておきます。従来のように相手もアプリを入れておく必要は無くなったようです。ですから、911にもかかります。

そして、アプリに自分の番号が入っていますから、外部からかかってきた電話も受けられます。友人、知人からの場合、その名前と電話番号が紐付けされてるので、ベルが鳴る代わりに「誰々さんから電話です」とAlexaが喋るようです。

そこで「Alexa answer」と呼び掛ければ通話が始まります。電話に出たくない気分の時や、出かける時は「away mode」にしておけばいいし、受ける時間を「朝9時から夕5時まで」という具合に設定もできるとのことです。

あわせて読みたい

「スマートスピーカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第3のビール値上がり 政府に怒り

    田中龍作

  9. 9

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。