記事

「お盆を挟んでも減少傾向に」新型コロナの全国感染状況 死亡率も低下

厚生労働省の有識者会議は全国の新型コロナウイルスの感染状況について、「お盆を挟んでも減少傾向が続いている」と分析した。

【映像】「お盆を挟んでも減少傾向に」新型コロナの全国感染状況

 10日午後、厚労省では新型コロナウイルス対策について話し合う有識者会議が開かれた。会議では全国の感染状況について「8月の1週目をピークに減少が続いていて、お盆を挟んでもその傾向が維持されている」と分析。

 また、1人の感染者が何人にうつすかを示す「実効再生産数」は先月22日の時点で東京、大阪、愛知、福岡、沖縄でそれぞれ1を下回ったということです。接待を伴う飲食店などハイリスクな場での積極的な感染防止対策や市民の行動変容などが主な要因と分析した。

 会議に出席した国立国際医療研究センターの大曲委員は入院時に重症だった患者が死亡する割合が6月5日以前は19.4%だったのに対し、それ以降は10.1%に低下したことを明らかにした。若い年代の感染者の増加や検査体制の拡充、治療法の確立などを死亡率低下の要因にあげている。(ANNニュース)
▶︎映像:「お盆を挟んでも減少傾向に」新型コロナの全国感染状況

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  4. 4

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  5. 5

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。