記事
  • ロイター
  • 2020年09月11日 11:10 (配信日時 09月11日 15:48)

商船三井、モーリシャス座礁で追加支援 「しっかり対応できるまで」


[東京 11日 ロイター] - 商船三井<9104.T>は11日、同社がチャーターしていたばら積み貨物船「わかしお」がモーリシャス共和国沖で座礁し油濁を起こした事故を巡って、基金の設立など複数年で総額10億円程度を拠出する追加支援策を発表した。池田潤一郎社長は会見で、事故が及ぼした影響に「しっかり対応できたというところまで」支援をする考えを示した。

池田社長は「法的責任は一義的には船主が負うべき」としながら、法的責任だけでは全て整理できないとして追加支援に乗り出す考えを示した。支援額10億円は「様々なステークホルダーからの理解を得られる規模感」と説明した。

「(モーリシャスの環境や人々の生活に)『わかしお』が及ぼした影響にしっかり対応できたというところまで」支援を継続するとし、支援額は10億円を上限とはしない考えを示した。ただ「大きく桁が変わるとは考えられない」としている。

自然環境保護・回復の取り組みとして、自然環境回復基金を設立し、発起人として数年にわたって8億円程度を拠出する。個人や法人からの拠出も受け入れ、「わかしお」の船主の長鋪汽船も拠出の意向を表明しているという。

現地NGOと連携して、マングローブ林やサンゴ礁の保護や回復に向けたプロジェクトも検討。複数の現地NGOへの寄付やモーリシャス政府などの基金に計1億円程度の拠出を予定する。グループ社員の現地への派遣も継続する。

地域社会・産業への貢献も進める。漁業水産業への支援として、現地のニーズを踏まえて冷凍コンテナ1本を寄贈するほか、商船三井客船の「にっぽん丸」による日本発着のモーリシャス寄港クルーズについて、2022年を念頭に計画する。

わかしおは7月25日に座礁。約4000トンの油を積んでおり、8月6日には亀裂の入った燃料タンクから1000トン超の油が海に流出した。

(平田紀之 編集:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  7. 7

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  10. 10

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。