記事

吉野家「裏牛丼」が爆誕! 店員3000人以上が選んだ秘密の“まかない飯”



 牛丼ファンなら誰しも行ったことがある「吉野家」。そんな吉野家が8日からスタートした新商品「裏牛丼」(4種)が話題になっている。

【映像】「吉野家」従業員が選んだ「好きなトッピングランキング」(45秒ごろ~)

 新商品「裏牛丼」の開発では、お店で働く従業員を対象に牛丼の食べ方に関する「まかない調査」を実施。10代から60代の従業員3149人にアンケートを行い、「まかないの牛丼をどのように食べているのか?」を質問したという。結果、全体の2割は「トッピングはしない」と回答したが、残り8割が自分の好きなトッピングを回答した。

 備え付けの生姜や七味以外で「好きなトッピングは何か?」と詳しく聞いたところ、1位にねぎ玉子、2位にチーズ、3位に半熟玉子、4位にキムチ、5位に玉子がランクイン。このアンケート結果をヒントに担当者が「裏牛丼」を開発した。

 「裏牛丼」は「肉だく胡麻ドレ牛丼」「アボチー牛丼」「ネバとろ牛丼」「おしんこ月見つゆぬき牛丼」の4種展開で、内容は以下の通り。

肉だく胡麻ドレ牛丼(519円+税)・・・牛丼並盛+肉だく・胡麻ドレッシング
アボチー牛丼(598+税)・・・牛丼並盛+アボカド・チーズ
ネバとろ牛丼(598+税)・・・牛丼並盛+納豆・オクラ・とろろ・玉子
おしんこ月見つゆぬき牛丼(519円+税)・・・牛丼並盛+お新香・玉子(つゆぬき)

 中でも「おしんこ月見つゆぬき牛丼」は社長が考案したもので、社長がオススメする牛丼の食べ方なのだという。





 今回、ニュース番組「ABEMAヒルズ」では、吉野家の広報担当を取材。「去年、創業120周年の記念として牛丼・牛肉に注目した商品をいくつか出してきました。今年は店舗スタッフが普段食べている『まかない牛丼』に注目し調査し、本社スタッフが実際に試食した結果、今回の4つを選ばせていただきました」とコメント。社長が考案した「おしんこ月見つゆぬき牛丼」については「特に吉野家をよく食べ慣れている男性に食べてもらいたいです」と語った。

 吉野家の「裏牛丼」の提供は、9月8日から10月4日まで。

(ABEMA/「ABEMAヒルズ」)

あわせて読みたい

「吉野家」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。