記事
  • SmartFLASH

追悼「階戸瑠李さん」自伝小説を出版社に持ち込んだことも

「旬の短いグラビア出身女優が多いなかで、階戸さんは30歳を過ぎても生き残る女優だと確信していました。作品のためにはヌードも厭わない、稀有な女優でした。このたびの訃報が、残念でなりません」(映画プロデューサー・嶋田豪氏)

 ミスFLASH2013グランプリの階戸瑠李さん(享年31)が、8月28日に持病のため自宅で亡くなった。ドラマ『半沢直樹』第5話で、“丸岡商工のやる気のない女性社員” 役を見事に演じ、まさに、これからというときだった……。

 本誌が彼女と出会ったのは7年前。グラビア初心者にもかかわらず、爪痕を残すべく、こちらの要求以上の露出まで提案してくれた。

「『10人中10人が満足するグラビアにしたい』と語り、ロケ帰りの飛行機内で、カメラマンの隣に座り、アドバイスを求めていました」(ミスFLASH担当者)

 何度も彼女を撮影した、カメラマンの田中亘氏は語る。

「社会的常識があり、地頭がいい。自分を売り込むために、自伝小説を映画の原案として出版社に持ち込んだことも。こちらの身が引き締まるくらい、一切出し惜しみせず現場に挑んでくれました。

 いつも気を張っていたけれど、もう頑張らなくていいんだよ。ゆっくり天国で休んでください」

階戸瑠李(しなとるり)さん

上智大学を卒業後、OLを経て、芸能界デビュー。冒頭の写真は、ミス「FLASH2013」グランプリ受賞会見。映画『新宿スワン2』(2017年)、『娼年』(2018年)、ドラマ『全裸監督』(2019年)に出演

(週刊FLASH 2020年9月22日号)

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。