記事
  • SmartFLASH

フィリピンの牢屋から…日本人犯罪集団「オレオレ詐欺」続行中

1/2

入管内の部屋で、拘束された日本人が詐欺をおこなうために電話をかけている様子

「すみません。あなたのお名前、電話番号、ご住所などが書かれたリストを押収しましたので、被害届を出していただくよう、お電話させてもらっているんですけど……」

 これは、警察官と偽って電話をかけてカードを盗む、いわゆる「キャッシュカード詐欺盗」の電話を録音したものだ。

 この音声データは、都内に住む20代の女性・Aさんのもとに、フィリピンから送られてきたものだ。送り主は、現在フィリピンの入国管理局(入管)の収容所に拘束されている、Aさんの交際相手・B氏(20代)だった。

 2019年11月、フィリピン・マニラで、日本人のオレオレ詐欺(特殊詐欺)グループが摘発され、36人がフィリピン入管に拘束された。

「私の彼も、36人のうちのひとりでした。『転売の仕事でフィリピンに行く』と言われて信用していましたが、こんなことをしていたとは……。

 36人のうち18人は、2020年2月に9人ずつ日本に移送され、裁判を受けています。でも、彼を含めた残りの18人は、いまだにフィリピンの入管に取り残されたままなんです。

 新型コロナの影響で、3月は飛行機が飛びませんでした。でも、今はもうマニラへの便も飛んでいるし、彼は2回もPCR検査を受け、陰性でした。なぜいつまでも、日本に移送されないのでしょうか」

 Aさんのもとには、B氏から入管内の惨状を訴える、さらなる悲痛なSОSが届けられている。

「彼のグループとは別の事件で拘束された、暴力団員を自称する『S』という日本人が、入管内の日本人を仕切っています。

 Sは、詐欺グループのメンバーに『どうせ悪いことしたんだから、ここでもカネを稼げ』と言って、メンバー18人のうち10人に、オレオレ詐欺やキャッシュカード詐欺盗を手伝わせているんです」

2020年2月24日、フィリピンから詐欺グループのメンバーのうち9人が成田空港に移送された(写真・朝日新聞)

 信じられないことに、彼らはフィリピンの入管内から国際電話で、オレオレ詐欺の電話をかけさせられているというのだ。このフィリピンからの詐欺電話によって、すでに日本国内で、新たな被害も出ているという。

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  7. 7

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。