記事

首相辞任へのSNSコメントで難病患者が動揺か 患者グループが理解求める

共同通信社

8月28日に、安倍晋三首相が体調の悪化を理由に辞任表明してから2週間が過ぎた。安倍氏は会見で、持病の潰瘍性大腸炎が再発したとし「国民のみなさまの付託に自信をもってこたえられる状況でなくなった以上、総理大臣の地位にありつづけるべきでないと、判断しました」と話していた。

そんな中、安倍氏が患う潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患(IBD)の患者が集まるNPO法人・IBDネットワークが「最近のSNS等での無理解な言動に声明」と題した文書を発表し、注目を集めている。

同ネットワークは文書で、「安倍内閣総理大臣の辞任を契機に、病気をもつ人への無理解な言動がSNS を中心に散見されています」とし、難病を持つ人たちがこうした言動を見聞し傷ついていると明かした。

続けて、難病は生まれながら、あるいはある日突然に発症し「原因と治療法がない疾患群の総称」だと説明し、治療を受け、健康に気を使っていても増悪や進行が起こりうるとした。

写真AC

また「病気を持ちながら働くということは、大なり小なり無理をすることが前提となる」と押さえた上で、病気の理解が得られないために、過度な負担を求められることが多い現状を指摘。こうした状況が重なると、働き続けることが困難になるため「だからこそ、私たちには周囲の理解や配慮が必要となるのです」と訴えている。

声明は次のように締めくくられている。

病気を持つ人を排除するのではなく、多様性として認め、包含する社会となることを切に願っています。また、そのような社会を共に作って行くためにこれからも活動を続けて行きます。

この声明を紹介したツイートはそれぞれ2万件を超えるリツイート、「いいね!」のリアクションが見られ、「意味のある声明」「傷ついた人がたくさんいます。ありがとうございます」など難病を持つユーザーから感謝する声も寄せられた。

一方で、世間の無理解や心ないコメントに対し「今の社会の限界」「求めてもムダじゃないのか」など諦めの声も上がっている。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  3. 3

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  6. 6

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  7. 7

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。